NEW

業務停止処分のアディーレ、存亡の危機…石丸元代表に逮捕歴の「恥ずかしい過去」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アディーレ法律事務所のHPより

 飛ぶ鳥を落とす勢いだったアディーレ法律事務所(東京・豊島区)の創立者・石丸幸人弁護士(45)が“挫折”した。

 東京弁護士会は10月11日、事実と異なる宣伝を繰り返したとして、アディーレを業務停止2カ月、元代表の石丸氏に業務停止3カ月の懲戒処分を科した。期間中は本店と全国80以上の支店で業務を禁じられる。アディーレ側は「景品表示法違反の事実があったことをもって法律事務所の存亡に関わる業務停止処分を受けることは、行為と処分の均衡を欠く」とコメント。アディーレは日本弁護士連合会(日弁連)に処分取り消しを求めて審査請求を申し立てた。

 アディーレといえば、お笑い芸人のブラックマヨネーズを起用した過払い金返還のCMでお馴染み。「過払い金の返還。あなたも対象かもしれません。着手金無料! 成功報酬制! お電話ください」というCMを見たことがある人も多いだろう。

 今回問題視されたのはインターネット上に2010年10月以降、掲載した広告だ。期間限定で過払い金返還請求の着手金を無料または割引にするなどとするキャンペーンを繰り返してきたが、実際には5年近く同様のサービスを続けていた。広告掲載はすべて石丸氏の指示・承認を受けて実施された、と東京弁護士会は認定した。

 消費者庁は16年2月、景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして、こうした表示をしないよう求める措置命令を出した。アディーレは弁護士自治の原則を超えて、弁護士会以外の行政庁による行政処分を受けた日本で唯一の法律事務所となった。

 東京弁護士会を含む3つの弁護士会の綱紀委員会は17年4月、アディーレと石丸氏らを「懲戒審査相当」と議決。これを受け、東京弁護士会は同法違反と品位を失う非行があったとして、弁護士法違反と認定。2カ月の業務停止処分にした。

 この問題で、東京弁護士会の臨時相談窓口に問い合わせが殺到するなど波紋が広がっている。石丸氏以外の所属弁護士が依頼者と委託契約を結び直し、裁判などを続けることは可能だが、業務停止という弁護士事務所としては「死刑判決」に等しい処分を受けたアディーレは存亡に関わる深刻な事態に見舞われた。日弁連の定める基準では、業務停止期間が1カ月を超える場合、依頼者との委任契約をすべて解除しなければならない決まりになっている。アディーレが顧客に契約解除を通知する書面を送っていることから、東京弁護士会の相談窓口には3000件以上の相談が寄せられているとのことだ。

 アディーレは契約解除通知のなかで、今後について、依頼者本人が対応するか新たに他の弁護士に委任するかを求めている。ほかにはアディーレの所属弁護士個人に委任する方法があることを伝えている。石丸氏はすでにアディーレの代表を辞任している。

業務停止処分のアディーレ、存亡の危機…石丸元代表に逮捕歴の「恥ずかしい過去」のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、アディーレ法律事務所弁護士石丸幸人の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!