NEW

乃木坂46西野七瀬も「忘年会レベル」......「生歌醜態」さらしはいつまで続く?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
乃木坂46西野七瀬も「忘年会レベル」......「生歌醜態」さらしはいつまで続く?の画像1

 乃木坂46齋藤飛鳥が今月28日、音楽番組『ベストアーティスト2017』(日本テレビ系)で嵐とのコラボ中に、出だしから歌詞を間違えるという失態で大きな話題となっている。

 そんな乃木坂グループは過去にも、生歌で不安定な一面を露呈していることをご存知だろうか。

 それが今年9月に放送されたタモリ司会の音楽番組『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した時だ。乃木坂メンバーの西野七瀬や白石麻衣などが出演する映画『あさひなぐ』の主題歌「いつかできるから今日できる」のソロパートを西野や斎藤などが生歌で熱唱するも、声量はまったく足らず、音程も不安定なままを終えた。

 また今年10月放送の音楽番組『CDTVスペシャル! ハロウィン音楽祭2017』(TBS系)でも「いつかできるから今日できる」の生歌を披露したが、『ミュージックステーション』よりも悲惨な状況に。西野の声が「かすれ」、思い切り音を外してしまった。その後他のメンバーのソロでも同様に音程が定まらず、生歌のリスクを露呈してしまったようだ。

 このあまりの酷さに視聴者からは「音程がズレている」「下手すぎにも程がある」と厳しい声が飛び交っている。

 そんな乃木坂の歌唱力の不安定さは以前から囁かれていたが、昨年6月に放送されたネット番組『乃木坂46時間TV』は、もはや歌唱力の善し悪しというレベルではなかったようだ......。

乃木坂46西野七瀬も「忘年会レベル」......「生歌醜態」さらしはいつまで続く?のページです。GJは、エンタメ、乃木坂46斎藤飛鳥西野七瀬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!