NEW

パチスロ「政治家に泣き入れ」で規制緩和実現か......ユニバーサル「公選関与疑惑」など政治と密接なパチンコ業界

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ業界「政治家に泣き入れ」で規制緩和実現か......ユニバーサル「公選関与疑惑」など政治と密接なパチンコ業界の画像1


 先月31日、遊技機メーカーで組織される回胴式遊技機製造業者連絡会が、新規則「6号機」の対応した新たな「自主規制」について発表した。

 主な変更点は、2015年末から開始された自主規制「1Gあたりの純増枚数を2.0枚以下(ボーナス込み)」が撤廃され、旧基準5号機の「純増枚数3枚」上限が廃止になったことだ。この緩和により、純増3枚以上のAT・ARTが実現することとなる。

 また、5.9号機を苦しめていた、ART抽選が行われない「通常区間」から「有利区間」への移行の「設定差なし」という規制が廃止に。出玉制限はあるものの、ゲーム性の広がりに期待できる発表となった。

 ただ、5.9号機にある指示機能を制限する「有利区間」の終了条件「最大1500G」に加え、今回新たに「最大出玉2400枚」が追加された。有利区間を1500G消化、もしくは差枚2400枚到達で終了することとなり、一撃での獲得枚数が以前よりもさらに厳しくなる。

 仮に緩和されることがなければ、間違いなく危機に瀕していたパチンコ業界。今回、AT機の復活のみならず純増枚数の上限が撤廃されるなど、大幅に緩和された自主規制案となった訳だが......。

 その背景に、業界関係者が行った「政治家への働きがけ」が大きかったようだ。業界専門誌「週刊アミューズメントジャパン」(アミューズメントプレスジャパン)が「業界団体の政治家への陳情」について報じている。

パチスロ「政治家に泣き入れ」で規制緩和実現か......ユニバーサル「公選関与疑惑」など政治と密接なパチンコ業界のページです。ギャンブルジャーナルは、パチンコ・パチスロ、6号機政治家自主規制の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならギャンブルジャーナルへ!