NEW

「ZOZOTOWN退会祭り」で大炎上......要職就任直後に「高額納税党」発言でZOZOのイメージ最悪に?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ZOZOTOWN退会祭り」で大炎上......要職就任直後に「高額納税党」発言でZOZOのイメージ最悪に?の画像1

 巷で今、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」の"退会祭り"が巻き起こっている。

 問題は、今年2月にZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイのコミュニケーションデザイン室長に就任した田端信太郎氏の発言である。

 田端氏は10日、Twitterで「誰か、高額納税者党を作ってほしい。少数派を多数派が弾圧する衆愚主義じゃないか。」とツイート。同じくTwitterの「日経ビジュアルデータ」が8日にツイートした『2016年に源泉徴収で所得税を納めた給与所得者は4112万人で、納税額は9兆418億円になります。このうち49.9%にあたる4兆5167億円分を、給与所得者全体の4.2%に過ぎない「1000万円超」の人たちが負担しています。』という文をリツイートしてのコメントだった。

 このコメントにネットが炎上。「年収400万以下の給与所得者が57%の現状、高額所得者の高額税負担は不可欠だろ」「高額納税者ではありませんが、少数派を弾圧していません」「庶民をばかにしている」と批判が殺到。

 それに応じて、コミュニケーションデザイン室長に就任したばかりの「ZOZOTOWN」にも悪影響が。「高額納税者対象のビジネスで頑張って下さい」「田端さんみたいな人がいるならもう使わない」「こういう頭の悪い発言をする方が運営する会社にお金を払って商品を買っていたことを恥ずかしく思う」「ZOZOは市民の敵だと宣言しちゃった」と、「ZOZOTOWN」退会を宣言、実行する人が増加。現在の炎上になってしまっている。

 この田端氏、以前も「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章」「お金を稼ぎたいなら生命保険に入り、水の入った洗面器に顔をつければいい」などと発言し、以前に上級執行役員として働いていたLINE時代から有名だった。そもそも「炎上芸人」ではあったようだ。

「ZOZOTOWN」のイメージまで悪化させてしまった田端氏。大物社長・前澤友作氏の動向にも注目だ。

「ZOZOTOWN退会祭り」で大炎上......要職就任直後に「高額納税党」発言でZOZOのイメージ最悪に?のページです。GJは、エンタメ、ZOZOTOWN田端信太郎退会の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!