NEW

会社で自殺した社員の遺品を家族に返還しない“あの会社社長”…借金背負わせ給料ゼロ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

「今から思えば、無理矢理にでも連れて帰ってくればよかったんですよ。でも、30近くなっている娘が自分でその仕事をするって言っているのに、そんなことしたらおかしいですもんね。もっと早く社長の正体がわかっていれば……」

 呻くようにそう語るのは、昨年2月25日、ビルの14階から投身自殺した大山莉加さんの父親である。大山さんが自死に至った経緯については、本サイトの昨年11月5日付記事『24時間寝かせず給料0円、会社で共同生活…社員が自殺した広告会社で何が起こっていたのか』に詳述した。

 大山さんは、アニメ、ゲーム、漫画業界の求人広告媒体の販売および、ビジネスマッチングのサービスを提供している、ビ・ハイア株式会社で働いていた。同社の清水有高社長から不当な借金を背負わされ、大山さんは給料なしで働かされ睡眠も奪われていた。自死に至る日に、清水氏から「死んだ方がましという発言で(自分は)傷ついた」「どうやって責任を取るんだ」「ここから飛びおりるのか」などと迫られ、大山さんは「はい」と答えるというやりとりがあったという。

 ビ・ハイアのウェブサイトの昨年10月18日付社長ブログで清水氏は、「大山氏がご逝去される直前、御本人が書いた文面が清水はじめ親御様に届きました。そこには、同氏の決断が個人的な原因および理由によるものであり、弊社の業務とは無関係であることが明記されていました」として、自身の言動と大山氏の自死は無関係であると強調している。

 昨年2月25日午後3時1分に大山さんは「遺書」と題するメールを、父親と清水氏に送っている。そこには自分の家族に対するネガティブな感情が多く綴られている。だがそこには、「2300万円の負債」を「多大な迷惑」をかけたとして書かれており、不当に背負わされた借金が心理的負担になっていたことが見て取れる。

 清水氏の運営するウェブサイト『一月万冊』に掲載されている、いくつもの大山さんの「毒親」に関しての文章や、そこにアップされているユーチューブ動画での清水氏と大山さんの対話からは、自分の親を毒親だと思わされるように誘導されたのではないかと窺える部分がある。それを確かめるのが、大山さんの父親と会った最大の目的である。

会社で自殺した社員の遺品を家族に返還しない“あの会社社長”…借金背負わせ給料ゼロのページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、ビ・ハイアユーチューブ借金の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事