NEW

話題の「電子水」、専門家は「科学的根拠なし」と指摘…アマゾンでは1本1万円超で販売

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Getty Images」より

 電子水――。テレビ画面にその言葉が大きく浮かび上がったのは、1月29日に放送された情報番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)においてだった。

 芸能人のバッグの中身を抜き打ちチェックするコーナーで、映画やドラマで女優としても活躍するファッションモデルの林田岬優さんのバッグから、マッサージグッズの「トルマリンローラー」などと共にボトルが出てきた。林さん自ら「化粧水です。エレクトロンスキンローション」と説明し、「電子水が入ってるんです。あと、肌もツルっとなります」と効果を語った。

 メーカーである「GMコーポレーション」のサイトを見ると、「ELECTRONは、電子水から生まれた全く新しいスキンケアプロダクト」「電子水=電子を過剰に含ませた還元水」といったキャッチコピーが並んでいる。

 大手通販サイト「Amazon(アマゾン)」に出品された「エレクトロン スキンローション」は、放送直後は商品の紹介に『ヒルナンデス!』の名が並べられ、1万2800円の高値がついていた。これは実際の価格の2倍近い。

 こうした現象について、GMコーポレーションに電話で尋ねると、以下のように語った。

「テレビで取り上げていただいて、お問い合わせとかは増えているのかなという印象ではあります。ただ、ご紹介いただきましたものは、エステティックサロンや美容サロンなどでしか手に入らないものでして、今ネットに出ているものは、正式なルートを経由したものではないので、そちらは一般の方にはお買い求めいただきたくありません。一般販売用には『エレクトロンエブリワン』という姉妹ブランドがありまして、そちらは弊社の公式サイトからお買い求めいただけます。内容的には非常に似通う部分があるので、そちらの販売が増えたのかなという印象があります」(GMコーポレーション広報)

 サイトには「電子水」の説明として、「精製水の約100倍の速度でお肌に浸透」とある。2~3倍でも凄いと思うが、100倍というのは驚異的だ。実験データなどはあるのだろうか。

「データは、あるにはあるのですが、化粧品として登録しているので、化粧品の枠内で、薬事法に引っかからないように柔らかい感じでふんわりさせています。その辺は、あまり目立つかたちで言わないほうがいいのかなという感じです。ただ、製品としての『電子水』は、『電子』を過剰に含んだ水を使っているのは事実ですので、使っていただいたら、『なるほど』と感じていただけると思います」(同)

話題の「電子水」、専門家は「科学的根拠なし」と指摘…アマゾンでは1本1万円超で販売のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、トルマリンヒルナンデス水素水電子水の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事