NEW

新紙幣発表が波紋…「(肖像の人は)誰?」「中国紙幣みたい」「キャッシュレス推進なのに」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
発表された新紙幣の1万円札(写真:毎日新聞社/アフロ)

 4月9日、政府は2024年度上期をメドに紙幣を刷新することを発表した。麻生太郎財務大臣が記者会見を行い、1万円札、5000円札、1000円札の新たなデザインも公開されたが、その内容が波紋を呼んでいる。

 財務省のホームページによると、紙幣の刷新は「偽造抵抗力強化等の観点」から行われるという。新たな偽造防止対策として、「高精細すき入れ」や「最先端技術を用いたホログラム」が施される。また、ユニバーサルデザインの向上を目指し、「指の感触により識別できるマークの形状変更及び券種毎の配置変更・額面数字の大型化・『ホログラム』及び『すき入れ』位置を券種毎に変更」する予定だという。

 気になるのは、肖像などの新たな図柄だ。1万円札は福沢諭吉から、第一国立銀行や東京株式取引所(現・東京証券取引所)の設立などに尽力した渋沢栄一に変わり、裏面は鳳凰像から東京駅丸の内駅舎に変更される。5000円札は樋口一葉から、女子英学塾(現・津田塾大学)を創立するなど近代的な女子高等教育に尽力した津田梅子へ、裏面は燕子花図から花の藤となる。1000円札は野口英世から、破傷風血清療法の確立やペスト菌を発見した北里柴三郎へ、裏面は富士山と桜から富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」に変わる。

 なお、500円硬貨も新たな偽造防止技術が施され、21年度上期をメドに2色3層構造の新硬貨が発行される。

 新紙幣のサイズは現行と変わらず、刷新後もこれまでの紙幣や500円硬貨は使用可能だ。なお、5000円札と1000円札の肖像画が刷新されるのは04年以来のことで、1万円札については1984年以来の変更となった。

 インターネット上では、「キャッシュレスを推進しているのに、わざわざ紙幣を新しくするのは矛盾を感じる」「元号も変わるし、時代が変わる感がハンパない」といった声が上がる一方で、「誰? 3人とも知らない」「顔と名前が一致しないので混乱しそう」「メジャーな人物は出尽くしたし、ネタ切れの感がある。どうせなら坂本龍馬にしてほしかった」といった意見も。

 また、新紙幣では、これまで大きく表示されていた「壱万円」などの漢数字の表記が小さくなって左上に移動しており、代わりに「10000」などの算用数字が大きく目立つ仕様になっている。この新デザインに、「数字のフォントがダサい」「漢数字のほうを大きくしてほしかった」「中国紙幣みたいになったね」「海外の紙幣によくあるデザインで、外国人観光客に迎合しているように思えてしまう」と不評が渦巻いている。

 ちなみに、2000年に誕生した2000円札だけは刷新されず、そもそも流通量も少ないことから、かねて不要論も取り沙汰されている。そのため、9日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)では、コメンテーターの玉川徹氏から「2000円札の立場は?」との疑問も飛び出している。

 いずれにせよ、新紙幣が流通するのは元号が変わって数年がたち、東京オリンピックも終わった時期だ。いったい、どんな時代になっているのだろうか。
(文=編集部)

新紙幣発表が波紋…「(肖像の人は)誰?」「中国紙幣みたい」「キャッシュレス推進なのに」のページです。ビジネスジャーナルは、マネー、キャッシュレス中国渋沢栄一紙幣の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • マネー
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事