NEW
渡邉哲也「よくわかる経済のしくみ」

中国経済、自業自得で窒息寸前…米国、中国からの全輸出品に制裁関税を検討

【この記事のキーワード】

, , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米国のドナルド・トランプ大統領(写真:AP/アフロ)

 中国が米国の追加関税引き上げに対して、600億ドル相当の米国製品の関税を5~10%から最大25%に引き上げる報復措置を取ることを発表した。これは、米国が2000億ドル分の中国製品に対する追加関税を10%から25%に引き上げたことを受けての報復関税で、6月1日に発動するという。

 米国が強硬姿勢に出たことで、中国も対抗せざるを得ないという事情はよくわかる。しかし、600億ドル分の内訳を見ると、中国の厳しい現状が浮き彫りになっている。報復措置の対象となるのは5140品目。液化天然ガスや大豆、落花生油、石油化学製品、冷凍野菜、化粧品など2493品目に対する追加関税は25%に、そのほかの1078品目は20%となる一方で、原油や大型航空機などは追加関税の対象外だという。

 関税が上がる製品のほぼすべてが生活必需品であり、代替手段が取りづらいものである。そのため、関税引き上げは中国の消費者物価を直撃することになる可能性が高く、メンツを重視した中国は自分で自分の首を絞めることになりかねない。また、この動きを見て、企業の投資計画などが変更される可能性も高く、サプライチェーンの切り替えが進むものと思われる。

米国は対中輸出の規制を強化


 また、米国による対中輸出の規制も強化され始めている。米商務省は、中国企業6社、パキスタン企業1社、アラブ首長国連邦(UAE)が本拠の企業5社による、米国からのハイテク製品などの輸出を禁止したことを5月13日に発表した。同省によると、中国企業のうち4社は、米国の輸出規制に違反するかたちでイランの大量破壊兵器と軍事プログラムに転用可能な米国のコモディティを調達しようとした疑いがあり、ほか2社は制限されている技術の輸出に関与し、中国人民解放軍の関係団体に供与した疑いがあるという。

 さらに、近いうちに米国輸出管理改革法(ECRA)も発動すると見られている。これは昨夏に米国防権限法に盛り込まれて成立した新法であり、米国の安全保障にとって必要な新興技術や基盤技術を輸出規制の対象とすることなどを定めたものだ。これまでも兵器転用可能な技術に関しては規制が設けられていたが、それに「バイオテクノロジー」「人工知能および機械学習技術」「測位技術」など14分野が新たに加えられた。これは、習近平国家主席が掲げる「中国製造2025」に指定されている分野とほぼ同じであり、中国に対する強烈な牽制といえる。

 また、この分野や品目は今後も対象が拡大すると思われ、米国は先端技術に関しても、国家の安全保障にかかわるものとして「中国に渡さない」という意思を明確にしている。かつて、主に旧ソ連をターゲットにした対共産圏輸出統制委員会(COCOM)という規制があったが、ECRAは中国を狙い撃ちにした現代版COCOMといえる。これは日本にとっても他人事ではなく、そのため今後は中国向け全般の投資と輸出計画の変更を余儀なくされるケースが増えるだろう。

 加えて、米通商代表部(USTR)は対中関税の「第4弾」として、3805品目3000億ドル分の中国製品に対し、最大25%の上乗せを検討することを発表した。従来は対象外だったスマートフォンなども含まれ、中国からの輸入品のほぼすべてに制裁関税が発動されることになる。品目や税率は6月の公聴会を経て調整される可能性があるが、いずれにせよ、ここ数日の進展で米中貿易戦争の落としどころはさらに難しくなったといえる。

『2019年 アメリカはどこまで中国を崩壊させるか:そして日本が歩む繁栄の道』

中間選挙でアメリカ議会は上院と下院で「ねじれ」状態になった。トランプ政権は民主党と共闘しやすい中国攻撃を加速させていく! 一方の中国は2019年に建国70年記念を迎えるため、メンツとして決して譲歩できない状態だ。2019年は欧州で英国のEU離脱、欧州議会選挙、日本では天皇陛下のご譲位、消費税増税など、国際的に大きなイベントが目白押し。加えて徴用工問題で韓国は墓穴を掘り、朝鮮半島情勢も混沌としていく! 米中は、世界は、アジアはどう変わっていくのか。日本の行方は? 気鋭のエコノミストが分析する!

amazon_associate_logo.jpg

中国経済、自業自得で窒息寸前…米国、中国からの全輸出品に制裁関税を検討のページです。ビジネスジャーナルは、連載、アメリカドナルド・トランプ中国米国習近平貿易関税の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事