NEW
永濱利廣「“バイアスを排除した”経済の見方」

GDPによる景気判断が困難に…実態と乖離で、他の景気指標と逆の動き

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Gettyimages」より

他の景気指標の動きと逆行

 今年1-3月期において、日本の代表的な景気指標であるGDP日銀短観や景気動向指数が逆の動きをしている。これまで短観の業況判断指数(全規模全産業、以下DI)や景気動向指数(一致CI)が悪化するときは、おおむね実質GDPも縮小してきた。しかし、今年1-3月期は日銀短観の業況判断指数や景気動向指数の一致CIが大幅に悪化したのに対して、実質GDPは拡大した。

 このように、経済成長率が他の景気指標と反対の動きをすることから、GDPによる景気判断が困難になっている。

輸入の割合が拡大

 この背景には、GDP統計の、(1)国内需要の悪化に伴う輸入の落ち込みがGDPの押し上げ要因になる、(2)国内需要の悪化による在庫の積み上がりもGDPの押し上げ要因になる、等の点が景気実感との乖離をもたらすからだ。

 GDP速報では、国内で生み出された付加価値を把握するために、最終需要から輸入を控除して計算される。

 こうした輸入の割合は、米国GDPではこの10年間で▲2.0%ポイントも低下し、影響は縮小している。逆に日本では、その割合が1.2ポイントも拡大している。特に、東日本大震災の原発事故で化石燃料の輸入拡大を余儀なくされた2011年と、アベノミクスで極端な円高が是正された2013年に大きく拡大していることがわかる。さらに長期に見れば、2000年代後半以降のGDPは生産拠点の海外移転などに伴う輸入の増加により抑制されており、これがGDPによる景気判断を困難にしている。

 また、国内で生み出された付加価値を集計したGDPから在庫変動を除いたものが最終需要であるが、こうした生産と需要の乖離もGDPによる景気判断を困難にしている。在庫変動とは、たとえば企業が製品をつくりすぎて売れない場合でも、在庫として積みあがれば国内で付加価値が生み出されたとみなす項目である。従って、景気が悪くてその製品が売れなくても、GDPにはその分付加価値額として計上される。

 しかし、現実には売れない製品の生産が増加して景気が良いと認識する国民はどれだけいるだろうか。それどころか、その期に売れ残った製品は、翌期以降の生産を抑制する要因となる。従って、在庫変動も含んだGDPは最終需要と乖離が生じ、景気実感と合わない一因となっている。内閣府も、GDP速報の中で、参考として最終需要の動向も示しているが、利用者の注目度は低いままだ。

GDPによる景気判断が困難に…実態と乖離で、他の景気指標と逆の動きのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事