NEW

関西電力、悪しき因習と情実人事…32年前の“2.26事件”から考える血族支配と私物化

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2003年8月20日、同年7月12日に亡くなった元関西電力名誉会長・芦原義重のお別れ会が大阪市内のホテルでとりおこなわれた。葦原は福井県美浜原子力発電所開設の陣頭指揮をとるなどし、関西電力“中興の祖”ともいわれる。(写真:読売新聞/アフロ)

 関西電力の役員ら20人が福井県高浜町の元助役から金品を受け取り、ついに関西電力ツートップが辞任にまで追い込まれた問題。

 なんでもかんでもコンプライアンスにひっかかるこのご時世に、あからさまな金品受領などあり得ないだろう。「返却を申し出たが、恫喝され返却を諦めざるを得なかった」「精神的苦痛から体調を崩した」という、サラリーマンとしては同情を禁じ得ない話もある一方で、幹部が業者から金品を直接受け取っていたという言い逃れできない報道もあり、関電の役職員が私利私欲に走ったのか、それとも元助役の被害者なのかを判断するには、まだまだ予断を許さない状況にある。

 しかし、1987年2月26日に関電で起きた“御家騒動”を思い出すにつけ、やっぱりこの会社のガバナンスは模範的ではなかったと思わざるを得ないのだ。

関電「中興の祖」芦原義重

「関電の2.26事件」と呼ばれたクーデターは、先述の通り、1987年2月26日の取締役会で起きた。関電の「中興の祖」と呼ばれた芦原義重・代表取締役相談役名誉会長と、その腹心の内藤千百里(ちもり)副社長が、小林庄一郎会長によって突然解任されたのだ。

 主人公である芦原義重の「代表取締役相談役名誉会長」という、通常ではあり得ない肩書きがその異様さを物語っている。

 芦原は1901年に香川県高松市に生まれ、1924年に京都帝国大学工学部電気工学科を卒業して京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)に入社。当時、阪急電鉄は傘下に野球団・阪急軍(のちの阪急ブレーブス、現在のオリックス・バファローズ)を持っており、芦原はオーナーの小林一三(いちぞう、松岡修造の曾祖父)から「誰がバッターボックスに立っているのか、観客にすぐわかる方法はないか」と指示され、スコアボードの選手名の上に赤ランプがつくようにした。今ではどこの球場でもやっている、あの装置の発明者なのである。

 さて、芦原は電鉄部門ではなく電力部門に配属され、電灯部長、電力部長を歴任した。現在では奇異な感を受けるが、戦前の阪急電鉄は電力部門を持っていたのだ。

 明治以降、地方の資産家などが発電所を建設していったが、これから発電所を作ろうという地域には当然、電気を使う場所がない。そこで、鉄道を敷いて恒常的な顧客を創出するとともに、電気の便利さを当該地域に訴えるという作戦が採られた。そういうわけで、電力会社と電鉄会社は親和性が高かった。しかし、第二次世界大戦が熾烈さを増すと、国策で電力増強が叫ばれ、電鉄会社などの電力部門は電力会社に譲渡され、大々的な電力事業の再編が行われていく。

 阪急電鉄の電力部門も1942年に関西配電(関西電力の母体)に譲渡され、芦原も同社に移籍。戦後、関西電力ができると、常務に就任。1959年に関西電力の社長に就任した。

 芦原の功績として語られるのが、原子力発電事業の推進である。1970年7月に稼働を開始した福井県美浜原発は、日本の電力会社がみずから開発した最初の原子力発電所であり、芦原が陣頭指揮を取って1967年に着工。また、くだんの高浜原発も、芦原の社長在任時に開発が着手された。

 芦原は、美浜原発の稼働を花道にして社長を辞任、会長に就任した。さらに1983年に相談役・名誉会長に就任したが、代表権は手放さなかった。

 当時の社長権力は現代よりも巨大ですさまじい。芦原は11年間社長に在任し、その間、子飼いの部下を要職に就け、社内を掌握。また、1966年には関経連(関西経済連合会)会長に就任。関西の有力財界人として、阪急電鉄、関西テレビ放送、大阪ガス、日本生命保険の社外取締役を務めた。

 さらに、時の総理大臣(田中角栄から竹下登まで7人までが確認できる)に、「盆暮れに1000万円ずつ献金し」「総理大臣と一対一でいつでも話し合える関係になった」という(有森隆『社長解任』さくら舎刊)。

関西電力、悪しき因習と情実人事…32年前の“2.26事件”から考える血族支配と私物化のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事