NEW
企業・業界

なぜ成功する人はスーツを着るのか?オーダースーツ購入で失敗するNG行為とは

構成=石徹白未亜/ライター
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ成功する人はスーツを着るのか?オーダースーツ購入で失敗するNG行為とはの画像1
「gettyimages」より

 初回1万9800円からの低価格でオーダースーツを提供する、株式会社オーダースーツSADA前編に引き続き、今回も同社の佐田展隆代表取締役社長に、オーダースーツを注文するときにやってしまいがちな「もったいないこと」や、近年「非スーツ」「非ネクタイ」な若手文化人や著名人が増えるなか、あえて「スーツの魅力」について聞く。

強すぎるこだわりはNG?

――オーダースーツを注文するとき、「こうするのはもったいない」というポイントがあれば教えてください。

佐田展隆氏(以下、佐田) 特に男性で多いのは、既製品のお気に入りのスーツを着てらっしゃって「このスーツでぴったりなんだ、これに合わせてつくって」と強く言い切られてしまうケースですね。そうなると、当社のスタイリストがオーダースーツとして腕をふるう余地が限定されてしまうんです。

 ヌード寸(肩幅、胸幅、ウエストなど)を測った上で、このお客様の場合、どこにどのくらいのゆとりを設ければ、着心地が良くシルエットも美しく決まるのかを把握していく作業こそが、オーダースーツにおける採寸なのです。

 そのため、「今着ているスーツのこれがいいんだ!」と強く打ち出されるよりは、柔軟にスタイリストと会話をしていただくほうがいいものができると思っています。

――「俺のこだわり」でなく「餅は餅屋」ですよね。

佐田 また、ぜひスーツを着てご来店いただければと思います。そして、「このスーツはお気に入りなんだけど、背中にしわが寄りがちなんだよね」「なんか、手が上がりにくいんだよ」などと、思うことについて聞かせていただければと思います。

――あと、特に若年層でスーツに過剰な細身信仰があったりしますよね。

佐田 細身のスーツについては、ある程度年齢を重ねてポジションが上になっていくと、今度は「軽く見られるようになってしまった」と言う方もいらっしゃいます。その場合、入れるべきところに適切なゆとりを入れて「堂々たる」雰囲気や「信頼感」を生み出すように、スタイリストが調整します。

――SADAさんでは、女性のオーダースーツも手がけていらっしゃいますよね。

佐田 はい。ビジネスファッションで女性が許される範囲って、男性より広いですよね。

――広いゆえに、何を着ていいのかわからないという悩みは男性より強いかもしれません。

佐田 当社でも、「出世したので」とお仕立てに来られる女性の方は多いですね。役員会議のときはちゃんとした服装をしないといけないとか。女性のスーツの場合、男性に比べてサイズの幅がかなり少ないですから、既製品ではお直し代がかかってしまって、という方に、特にオーダーは喜ばれています。

『できる男になりたいなら、鏡を見ることから始めなさい。 会話術を磨く前に知っておきたい、ビジネスマンのスーツ術』 「使えそうにないな」という烙印をおされるのも、「なんだかできそうな奴だ」と好印象を与えられるのも、すべてはスーツ次第! amazon_associate_logo.jpg

関連記事