NEW
ジャーナリズム

韓国映画『パラサイト』アカデミー賞受賞は、安倍政権のクールジャパン政策の敗北だ

文=有森隆/ジャーナリスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
第92回アカデミー賞(写真:ロイター/アフロ)

「変わるハリウッド。来たるアジア映画」。誰かが叫んでいた。

 第92回米アカデミー賞で韓国映画『パラサイト 半地下の家族』が作品賞など4部門を受賞した。ネットフリックス旋風は起きなかった、と総括するよりも、同賞が映し出す現在を論じるべきだ。

 韓国は国として映画や映画人を育成してきた。撮影手法や機材も最新のものを揃え、ハリウッド化が進んでいる。韓国は国内市場が小さいため、必然的に外に向かわざるを得ない。Kポップがそれで成功した実例だ。そして映画が後を追う。クールジャパンの掛け声倒れの安倍政権の文化政策が、『パラサイト』にノックアウトされた。

 ハリウッドで働く組合員の賞だったアカデミー賞は、大きく変質している。米映画芸術科学アカデミー会員は6000人台から8000人台に増え、白人偏重が是正された。会員が世界各地に散らばり、女性会員の比率が30%にアップ、マイノリティが15%に達した。これが『パラサイト』に追い風になったことは間違いない。

 はっきり言えることは、『パラサイト』のポン・ジュノ監督がいみじくも語ったように、この映画は字幕という言語の壁を乗り越えた。面白ければ英語でなくても、世界マーケットで商売になることを『パラサイト』は実証した。外国語映画賞が国際長編映画賞と名称が変わったのは大きな流れの一環だ。

松たか子は添え物、ブラッド・ピットの受賞スピーチ

 2月10日(日本時間)に行われた第92回アカデミー賞の授賞式。松たか子など9人のエルサが登場したが、各国のエルサは添え物。松たか子はWOWOWの現地インタビューで「他のエルサと会えてうれしい」と着物姿で語っていたが、エルサの日本代表というのは『アナと雪の女王2』の宣伝材料以外の何者でもない。

 ネットフリックスの作品が8作品24ノミネートされ、ウォルトディズニー、ソニー・ピクチャーズを上回ったが、受賞したのは長編ドキュメンタリーなど2部門にとどまり、前回に比べて半減した。「映画館で上映されない映画は映画ではない」との論議を巻き起こしているが、ハリウッドがお金を出さない作品が陽の目を見ることは、決して悪いことではない。

 とはいっても、巨額の製作費をかけた『アイリッシュマン』(マーティン・スコセッシ監督)が受賞しなかったのはショックだったろう。3時間29分に及ぶ大作で、ロバート・デ・ニーロやアル・パチーノが出演した。この作品に1億5900万ドル(約175億円)を投じるメジャーな映画会社が存在しないのは、今のハリウッドの冷厳たる事実である。ネットフリックスだからできた芸当である。

関連記事