要介護度5でも旅行に行ける…トラベルヘルパー「あ・える倶楽部」が驚異のリピート率の画像1
「あ・える倶楽部 HP」より

 18歳のとき、終戦によって樺太(ロシア名・サハリン)からの引き揚げを余儀なくされた私の母は、思い出したように「死ぬ前に樺太に行ってみたい」と言っていた。しかし、車椅子で体が弱い母を現地まで連れて行くのは現実的ではないと思った。おそらく母も無理だとわかっていながら、なんとなく言っていたのだろう。

 それでも、少し調べてみたことはある。今は東京から2時間半のフライトで行けるようになっているようだが、当時調べた限りでは北海道・稚内からのフライトだった。それでは、稚内に行くまでも大変だし、母のように里帰りが目的の日本人くらいしか行かないような地では、車椅子の観光客への対応が整っているとは思えなかった。

要介護者を旅に連れていくには課題が満載

 母は変形性膝関節症が重度化して、70歳を過ぎた頃から車椅子が必要になった。車椅子の母を旅行に連れて行くのは結構疲れる。車椅子を押すという作業に加え、さまざまな状況に対応しなければならないからだ。

 自宅近くの平坦な道でさえも、タイル舗装やレンガ舗装の目地部分の凸凹から生じる振動が、車椅子に乗っている母の体に響く。振動がひどい歩道では、「頭にまでガンガン響く」と言うので、歩く場所も選ばなければならない。ほんの数センチの段差でも見過ごすと、車椅子が突っかかって、その反動で母の体が前に投げ出されそうにもなる。

 これが観光地となると、住宅地ではないので石畳の道もあるし、舗装されていない道もあるし、坂道もある。頻尿のため、頻繁にトイレに行きたがる。宿は車椅子の年寄りがいることを事前に伝えてベッドにしてもらうのだが、それでも古いホテルだと部屋の入口が狭くて、車椅子で入るにも四苦八苦することもある。

 素人の介助者が連れ回すのは、母本人も疲れるようだ。介護度が上がり、体力が弱まると、「もうしんどいから、宿泊はしない」と言い出した。

 母が施設に入所した後、テレビでトラベルヘルパーの存在を知った。トラベルヘルパーとは、介護技術と旅の業務知識を備えた「外出支援」の専門家のことである。なんと、要介護度4や要介護度5のような重度の人でも旅行に行くことができて、プロの手によって温泉に入ったり、海水浴さえもできるのだという。介助の大変さが身に染みていた私は、「そんなサービスがあるのか」と、目からウロコが落ちたような思いになった。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ