【完了】沖縄初のプロ野球チーム、NPB参入の野望…スポンサーすでに20社、独立リーグより好待遇の画像1
琉球ブルーオーシャンズ社長の小林太志氏

 昨年7月に設立が発表された沖縄初のプロ野球チーム「琉球ブルーオーシャンズ」。今年1月下旬から約1カ月にわたって、沖縄県八重瀬町にある東風平(こちんだ)運動公園野球場にて春季キャンプを張り、2月14日の会見では新たに元東京ヤクルトスワローズの村中恭兵投手の入団を発表。同時に、元メジャーリーガーの新庄剛志にオファーを出す可能性を示唆した。

 多くの話題を提供しているが、ブルーオーシャンズはプロ野球チームといっても読売ジャイアンツ(巨人)や阪神タイガースのいるNPB(日本野球機構)に参戦するわけではない。また、四国アイランドリーグplusやルートインBCリーグなどの独立リーグに所属するわけでもない。

 設立の目的は、「NPBが16球団へエクスパンション(球団拡張)をした場合に、加盟に名乗りを上げるため」ということだが、今後どんな活動をするのか、具体的にはよくわからない。そんなブルーオーシャンズで社長を務めるのは、かつて横浜DeNAベイスターズで“ハマのエクスプレス”の異名を取った投手、小林太志氏だ。沖縄で球団経営に奔走する同氏に話を聞いた。

沖縄の野球熱と子供たちの能力の高さを目の当たりに

――2014年に引退してから約6年。なぜ沖縄のプロ野球チームで球団社長をすることになったのですか。

小林太志氏(以下、小林) 私は引退後にタカラレーベンという不動産企業の経営企画室に勤めていたのですが、当時の上司の北川(智哉氏、現在はブルーオーシャンズの運営会社であるBASEの代表取締役)が、球団を経営したいと話しており、私自身も元プロ野球選手ですし、野球界に何か恩返しがしたい気持ちがあったので、「それじゃ一緒にやろう」と声をかけてもらったんです。

――スポーツマーケティングをやりたい気持ちはいつから生まれたのでしょうか。

小林 プロ野球選手は引退すると営業職に行く人が多いんですが、私は企業経営にかかわりたい気持ちが漠然とあって、タカラレーベンの経営企画室で働くことにしました。会社自体も将来的にスポーツビジネスをしたいとの方針があり、私もそのなかでスポーツマーケティングを勉強するうちに気持ちが生まれました。

――やはり、こちらのほうが自分に向いていると感じますか。

小林 僕自身、社会人野球(JR東日本)を経験していたので、野球をやる環境を整えてもらっているという意識を持ちながら現役時代を過ごしたのも大きいかもしれないですね。

――てっきり、もともと球団をつくる動きがあって、元プロの小林さんに白羽の矢が立ったのかと思ったのですが、そうではないんですね。

小林 はい。沖縄にもプロ球団をつくろうとする動きは過去にあったみたいですが、我々はそれとは別で、完全にゼロから自分たちで球団を立ち上げました。

――なぜ沖縄につくることになったのでしょうか。

小林 現役時代にキャンプで宜野湾に毎年来ていて、沖縄の野球熱のスゴさと子供たちの能力の高さに触れたからですね。でも沖縄の野球人気は高校野球までで、社会人野球チームなどもあるんですが、そこまで盛んではない。エクスパンションという議論は以前からずっとあったので、この地なら我々が何かできることがあるのではないかと思ったんです。

関連記事