NEW
連載
文=中曽根陽子/教育ジャーナリスト、マザークエスト代表

一斉休校の渦中、渋谷区立西原小学校がオンライン学習継続で驚異的成果を挙げている

文=中曽根陽子/教育ジャーナリスト、マザークエスト代表
渋谷区立西原小学校 HP」より

 新型コロナウイルスによる肺炎の拡大予防措置として、全国の小中高等学校などで一斉休校措置が取られている。実施期間など対応は地域によってまちまちのようだが、急に子どもたちが自宅待機になって、その対応に頭の痛い保護者も多いのではないだろうか。しかし、この窮状に対応すべく、ネット上ではさまざまな支援の動きが起きている。また、教育現場にも思わぬ変化をもたらしているようだ。そこから見えてきたことは?

コロナウイルス対策で一斉休校でも学びを止めない

 安倍首相による全国小中高校の一斉休校要請を受けて、すぐに反応したのが、経済産業省教育産業室。新型コロナウイルス感染症対策「学びを止めない未来の教室」というサイトを立ち上げた。

 そこに掲載されているのが浅野室長の以下のメッセージだ。

 Edtechとは、教育(Education)× テクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、教育領域にイノベーションを起こすビジネス、サービス、スタートアップ企業などの総称。文部科学省が、2020年からの教育改革を掲げて、大学入試改革や学習指導要領の改定を行う一方で、経産省は管轄の民間教育や産業界に働きかけ、2018年1月から有識者会議として「未来の教室」とEdTech研究会を立ち上げ、教育にテクノロジーを組み合わせることで、未来を見通しにくい時代を生きる子どもたち一人ひとりが、未来を創る当事者(チェンジメイカー)に育つための教育イノベーションを起こそうと、「個別最適化」というキーワードを掲げて、さまざまな実証事業を行ってきた。

 そんななかでの一斉休校という事態に、今こそEdtechが活かせる機会ということで、いち早くまとめサイトをつくった。

学びを止めない未来の教室

動画授業やコンテンツの無料配信相次ぐ

 日を追うごとに、サイトに掲載される事業者や団体が増えており、個人や学校向けに、学習塾や教育関連企業や団体が、学習教材や動画講義、学校関係者のためのコミュニケーションツールなどを無料で提供している。追随するように、文部科学省も臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト(子供の学び応援サイト)を立ち上げた。

 こちらは主に学習教材の紹介が多い印象だが、ちょっと使いづらい。

 ほかにも、自宅で過ごす子どもたちの居場所つくりやストレスケア、何から初めていいかわからない子どもがやりたいことを見つけるためのオンラインコーチング、預かりサービスなど、学習コンテンツ以外のサービスの提供もさまざま始まっている。

関連記事