NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

花見騒動の安倍昭恵夫人、“能天気”の精神医学的原因…夫・安倍首相への「受動的攻撃」

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

花見騒動の安倍昭恵夫人、能天気の精神医学的原因…夫・安倍首相への「受動的攻撃」の画像1
安倍昭恵氏(写真:ロイター/アフロ)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、小池百合子東京都知事が花見の宴会などの自粛を要請し、ロックダウン(都市封鎖)の可能性にまで言及しているにもかかわらず、安倍晋三首相の妻である昭恵夫人が都内で花見をしていたと報じられた。しかも、芸能人を何人も呼び、記念写真まで撮っていたという(NEWSポストセブン3月26日配信)。

 昭恵夫人は、その振る舞いが森友学園をめぐる騒動の発端になったとして批判を浴びてきた。また、森友問題に関連する公文書改ざんで追い詰められて、財務省近畿財務局職員だった赤木俊夫さんが自殺したときも、赤木さんの自殺が報じられた2018年3月9日の夜に、神田うのさんや真矢ミキさんなど多くのセレブが参加した華やかなパーティーに出席していたと報じられ、一体どういう神経をしているのかと驚きの声が上がった。

 良く言えば天真爛漫、悪く言えば能天気で何も考えていない女性なのだろうが、夫である安倍首相を窮地に追い込むことを繰り返しているように見える。昭恵夫人が夫の足を引っ張るようなことばかりするのは一体なぜなのか?

想像力の欠如

 まず、自分の言動が国民の反感や怒りを買うことを想像できない可能性が高い。いや、そもそも想像してみようとさえしないのではないかと疑いたくなる。

 このような想像力の欠如は、名門の大富豪のお坊ちゃまやお嬢さまにしばしば認められる。幼い頃から使用人にかしずかれ、何でも許容されて育つと、「こんなことを言うと相手がどう感じるか」「こんなことをすると相手がどう思うか」などと想像力を働かせる必要がないからである。

 そもそも、われわれが日々の生活で想像力を働かせるのは、そうしなければ困ることがあるからだ。反感を買ったらどうしよう、怒らせたらどうしようなどと気にするからこそ、相手の反応を想像する。そして、自分が困るような反応が返ってきそうだったら、わが身を守るために言動を慎む。

 しかし、昭恵夫人は、そんなことをする必要がない環境で育ったのではないか。必要がなければ、想像力は育たない。そもそも、想像力を働かせるのは結構頭とエネルギーを使う作業なので、その必要がなければ、周囲の反応など無視して自分のやりたいことをやりたいと願うのが人間という生き物である。

 だから、昭恵夫人に想像力が欠如しているのは当然だ。自分の言動が国民の反感と怒りをどれほどかき立てるかも、批判をどれほど浴びるかも想像できない。また、自殺した赤木さんの遺族の気持ちをどれほど逆なでするかも想像できない。

 このように想像力が欠如している人は、罪悪感も自責の念も持ち合わせていないことが多い。当然、後悔も反省もしない。周囲から責められて、一時的に後悔と反省の素振りを見せるかもしれないが、しばらくすると「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ということわざ通り、また周囲の神経を逆なでするようなことを繰り返す。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ