NEW

ASKA、新型コロナ死滅する機械開発と発表し投資勧誘…医師が重症化の危険性を警鐘

文・構成=編集部、協力=岡田正彦/新潟大学名誉教授、医師
【この記事のキーワード】

, ,

【作業中】ASKA、新型コロナ死滅する機械開発と発表し投資勧誘…医師が重症化の危険性を警鐘の画像1
ASKA公式ホームページより

 歌手のASKA(62)が開発したという「水道水をオゾン水に変換する機械」が物議を醸している。水道水にオゾンを添加し変換した「オゾン水」を対象物にスプレーすると一瞬にして殺菌が可能になるというシロモノで、大学の研究機関で検証してもらい、殺菌力を検証したという。果たして、ウイルスや細菌が簡単に死滅する物質が「人体だけに影響がない」ということがあるのだろうか。この装置の安全性をめぐってインターネット上では賛否両論の議論が続いている。

 事の発端は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴って、ASKAが先月、次のような内容の動画をYouTubeにアップしたことだった。

「一刻も早くこの機械を世界にお届けしたい! その一心です。世界の投資家の皆さん、ぜひ僕に投資してください。世界が助かります。いま世界は新型コロナウイルスの脅威の前になす術がありません。すべての匂いを無臭化してしまう。すべての雑菌、ウイルスを死滅させてしまうという機械を思いつきまして、すでに7年前から開発に入っておりまして、2年前には開発に成功しました」

「この地球上のすべてのバクテリア、雑菌、ウイルスはオゾンによって簡単に死滅します。1ppmのオゾン濃度があれば、死滅してしまいます。われわれが今回開発した機械は、オゾン濃度5ppmまで達しました。これを全世界の皆さんのご家庭に早くお届けしたい」

「頑張って、頑張って、1万台作って3万6000円」

「全世界に公開したい。全世界の投資家が、この機械に投資していただければ、みなさんのご家庭で、ほんと数千円の価格になる。決してコロナは怖くない。コロナは(殺菌できるという)検証したか? 検証できないんです! この国では! させてもらえないんです」

週刊女性の検証記事にASKAが猛反論

 一連の動画の内容とオゾン水変換装置に関し、ネット版「週刊女性PRIME」(小学館)は3月28日、検証記事を公開。新潟大学名誉教授で医療統計の第一人者と呼ばれる医学博士の岡田正彦氏によるオゾンの危険性を指摘した。ところがASKA氏は翌29日、ブログ上で『「オゾンガス」と「オゾン水」を間違えている週刊女性』と題して次のように猛反論した。

「昨日の『週刊女性』の記事は、そもそも『オゾン水』がどのようなものであるのか、予備知識がないライターの方が、書かれた記事でした。記事の中で『博士』という肩書を持った方が、『5ppmのオゾンは人体に影響がある』と、コメントされていました。『オゾンガス』と『オゾン水』は、違うんです。ここを一緒にされては困ります」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ