NEW

コロワイド、大戸屋乗っ取り計画の全貌…大戸屋の全株主へ“食事券配布”作戦

文=松崎隆司/経済ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

コロワイド、大戸屋乗っ取り計画の全貌…大戸屋の全株主へ食事券配布作戦の画像1
大戸屋の南池袋店(「Wikipedia」より/Asanagi)

 ステーキ宮、かっぱ寿司など16の外食チェーンを展開するコロワイドが和食外食チェーン、大戸屋の乗っ取りに動きだした。コロワイドは現在、「大戸屋」を展開する大戸屋ホールディングス(HD)株式の約19%を保有する筆頭株主だが、次回の株主総会に向けて取締役会を支配するため経営陣刷新を求める株主提案を送りつけたという。

 今回の株主提案についてコロワイドは14日、以下リリースを発表した。

「本年 3 月 23 日より、大戸屋 HD 株主様へのアンケートにおいて、大戸屋 HD の当社グループ入りに関するご意見を募ることと致しました。その結果、回答数の 9 割を超える株主様(発送総数 24,092 名、うち有効回答数 18,891 名)から賛同を頂きましたことから、大戸屋HD の業績改善に向けた当社へのご期待も大きいと考え、本株主提案を実施することと致しました。

 また、当社は、本株主提案が大戸屋HD の定時株主総会において可決承認された場合には、大戸屋HD の連結子会社化を検討しております。当社と致しましては、本株主提案の可決承認を前提とした大戸屋 HD の連結子会社化を通じて、当社グループが有する事業プラットフォームの活用による大戸屋HD の事業再建を果たすと共に、中期経営計画に掲げた給食事業における協業により、当社企業価値の向上を図ってまいりたいと考えております」

「本株主提案の概要

(1) 提案する議題

 取締役12 名選任の件

(2) 議案の要領

 以下の取締役候補者12 名を一括して、大戸屋HD の取締役に選任すること

 現当社役員の取締役候補者 2名

 現大戸屋HD 役員の取締役候補者 2名

 社外取締役候補者(非業務執行取締役含む) 8名」

 コロワイドは現在、国内飲食業第4位の外食チェーン。その前身は1963年に創業した神奈川県逗子市の甘味処。1977年に炉端焼き居酒屋の「甘太郎」に業態転換。これはコロワイドの原点ということになる。2000年代には業績不振の外食チェーンの買収を展開し、現在は「焼肉牛角」のレインズインターナショナル、「かっぱ寿司」のカッパ・クリエイトなど16の外食チェーンを展開している。

 コロワイドが大戸屋の株を保有したのは2019年10月1日。大戸屋HD創業家から、大戸屋HD株1,351,800株(18.65%)を1株2,219円で取得した。取得総額は約30億円(コロワイド提出の2019年10月7日付け大量保有報告書及び10月11日付け訂正報告書)。

 大戸屋HDでは、創業者の三森久実氏の逝去により、株式を相続したその妻・三森三枝子氏(13.06%)と長男・三森智仁氏(5.60%)が、大戸屋HD経営陣と「お骨事件」と呼ばれる社長の座や功労金をめぐる骨肉の争いを繰り広げた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ