チバニアン、見学時の注目点と認定までの騒動概説…地球史上最後の地磁気逆転層が確認の画像1
写真=水守 啓

 千葉県房総半島は、かつて海底にあった地層が隆起して形成された。そのため、当時の地層を調べるには適した場所である。なかでも、養老川に沿った市原市田淵の「千葉セクション」の露頭(地層や岩石が露出した場所)では、約80万年の歴史を遡ることができる。

 興味深いことに、その露頭では、地球史上最後の地磁気逆転層が確認でき、世界的にも極めて貴重な場所である。地質時代の区分は、生物の絶滅や地磁気の変化といった痕跡が明確に現れた地層に基づいており、去る1月17日、IUGS(国際地質科学連合)はその「千葉セクション」を前期‐中期更新世地質年代境界のGSSP(国際境界模式層断面及び地点)とする決定を下した。これにより、それまで定まっていなかった約77万4000~12万9000年前の地質時代の名称が「チバニアン(千葉時代)」と確定した。

 これまですでに多くの人々が現地を訪れているが、一般の人々が露頭を観察したら、地磁気逆転を読み取れるのだろうか。千葉セクションにおいては、地磁気が逆転しているカラブリアン期、その地磁気逆転層と接するチバニアン期、そして、その後の後期更新世期の地層がきれいに1カ所に収まっていることは大きな利点である。だが、露頭を目にするだけでは、それらの地質区分や地磁気逆転層はわからない。予備知識が必要である。そこで、簡単に説明しておこう(昨年12月に当地にビジターセンターがオープンし、現地に行けば事前に最低限の知識を得ることができる)。

チバニアン、見学時の注目点と認定までの騒動概説…地球史上最後の地磁気逆転層が確認の画像1
写真=水守 啓

 まず、目印は水平に伸びる厚さ2~3cmほどの白尾層である。これは、約77万年前に古期御嶽山の噴火による火山灰が堆積した地層である。地磁気逆転層は、その白尾層より下の地層(正確には白尾層が境界ではなく、その少し上位から下の赤い杭が打たれた地層)である。

 地磁気逆転を確認するには、地層(崖面)に対して垂直に一定の間隔でサンプルを採取し(露頭にはサンプル採取痕として丸い穴が見られる)、そのなかに含まれる磁鉄鉱の磁化方向を調べる。磁鉄鉱は方位磁針の針と同様に南北を指すように地磁気によって磁化されるため、地磁気逆転層の上下において磁化方向に違いが現れるのである。

 チバニアンはその上の黄色い杭から緑の杭に至る地層部分に相当するが、黄色の杭のある地層では磁鉄鉱の磁化方向(地磁気)が逆転の途中段階にあり、緑の杭が打たれた地層においては逆転が終了して現在と同じ向きに磁化されている。

 なお、地磁気の逆転とは、地磁気の向きが南北逆になることであり、地軸がひっくり返るポールシフトを意味するものではない。過去360万年の間に地球は11回地磁気を逆転させてきており、次にそれがいつやってくるのかはまったくわからない。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ