NEW
稲田俊輔「外食のディテール」

格安&高クオリティの「デニーズダイナー」、酷評され普通のファミレスになったワケ

文=稲田俊輔/飲食店プロデューサー、料理人、ナチュラルボーン食いしん坊
格安&高クオリティの「デニーズダイナー」、酷評され普通のファミレスになったワケの画像1
デニーズダイナー HP」より

 ファミリーレストランチェーンのプレミアム業態は、日本ではなかなか根付かない印象があります。

 歴史を遡るとかつてすかいらーくグループがスカイラークガーデンズという高級ファミレス業態を展開していた時代があります。このスカイラークガーデンズは、イタリア料理を中心とする業態で、そのファミレスの域をはるかに超えた、商品やサービスのクオリティの高さは今なお語り草になっているほどですが、結局のところ店舗数はあっという間に頭打ち、その後ガストなどの低価格店に切り替わっていったりして、現在では一店舗も残っていません。ロイヤルホストの高級業態とも言えるシズラーは、一部で熱狂的なファン(私もその一人です)の支持を得つつ、現在では展開エリアも店舗数も縮小、都内に10店舗を残すのみとなっています。

 そんななか、2018年末にデニーズは東京自由が丘エリアの八雲店を全面リニューアル、新たに「デニーズダイナー」という新業態を立ち上げました。私が実際訪問したのはオープンから約1年後の事でした。実はこのデニーズダイナー、現在では再びメニューを大きく変更しているのですが、ここではまずその変更以前のお店の様子をレポートします。それがその後のコンセプト変更にどうつながったのかという視点でしばしお付き合いください。

まごうことなき「レストラン」

格安&高クオリティの「デニーズダイナー」、酷評され普通のファミレスになったワケの画像2
『人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本 』(稲田俊輔/扶桑社新書)

 さて、実際にその時体験して感じたのは、これは単に「価格の高いファミレス」ではなく、まごうことなき「レストラン」という印象。その日はこの店のシグネチャーメニューともいえる料理を選んでオーダーしました。

 まずは前菜として「本日のデリ4種の盛り合わせ」です。日替わりデリのメニューはグランドメニューとは別に、文字だけが印刷されたシンプルなメニューに10種類程度が並び、そこから自由にチョイスできます。メニューの体裁もそこに並ぶ内容も、ファミレスらしからぬ、個人店の専門レストランを彷彿させるもの。その時私は、小海老のサラダや人参のムース、茄子のマリネなどを選びましたが、いずれもレストランとしてのクオリティを充分満たすものと感じました。

 一皿で約1500円という価格はもちろんファミレスの感覚では安くはない、というかはっきりと高価ではありますが、素材から推定する食材原価や決して大量生産的ではない丁寧な仕込みを考えると、価格以上の価値はあるという印象。各料理のイメージとしてはデパ地下などにある量り売りのデリサラダに近いものです。デパ地下デリのグラム単価が決して安くはないことを考えると、それをフルサービスのレストランで楽しめるというのはお得といっていいかもしれません。

 メインとして選んだのは「黒毛和牛ランプのグリル シャルルマーニュ風」。赤身のステーキに、卵黄のコクを生かしたサヴァイヨンソースを合わせたものです。レストランのメインディッシュとしての華やかさとオリジナリティを備えた、素晴らしい一皿だったと思います。主役のグリルとそのソースもさることながら、付け合わせが非常に印象的でした。一見よくあるマッシュポテトと思いきや、中東料理の「フムス」を思わせる、香辛料の個性的なフレイヴァーを効かせた極めてエキゾチックで印象的な一品。個人店のビストロなどでもここまで凝った付け合わせというのはなかなかないものです。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合