「餃子の王将」と「日高屋」、なぜ業績に明暗?テイクアウト&デリバリー需要の獲得で大差の画像1
餃子の王将の店舗(「Wikipedia」より)

 中華料理チェーンの業績に明暗が分かれている。

餃子の王将」を展開する王将フードサービスは新型コロナウイルスの感染拡大の影響を最小限に抑えた一方、「日高屋」を展開するハイデイ日高は大打撃を被った。5月の既存店売上高はハイデイ日高が前年同月比52%減と大きく落ち込んだ一方、王将は11.9%減にとどまった。

 新型コロナの感染拡大に伴う外出自粛や店舗の臨時休業などで、5月だけでなく3月と4月も大幅減収の外食店が少なくない。日本フードサービス協会の調査では、3月の外食売上高(全店ベース)が17.3%減、4月が39.6%減と大きく落ち込んだ。ハイデイ日高の既存店売上高の落ち込みはこれに近く、3月が18%減、4月が50.7%減だった。一方、王将の既存店売上高は3月が3.4%減、4月が21.7%減と、それほど減収幅は大きくない。同じ中華料理チェーンで、なぜ明暗が分かれたのか。

 日高屋は多くの店舗が首都圏の主要駅の駅前や繁華街に立地している。夜遅くまで営業する店舗が大半だった。アルコールの売上高比率が高いことでも知られており、一般的な中華業態の比率が約3%といわれているなかで、日高屋は約15%と高い。昼間はビジネスパーソンや学生などが昼食でよく利用している。夜は夜食のほかに仕事帰りに「ちょい飲み」として利用する人が少なくない。新型コロナ前まではこういった人でいつも賑わっていた。

 しかし、新型コロナで状況は一変した。外出自粛や在宅勤務の広がりで日高屋が多くある駅前や繁華街から人が消えた。また、日高屋は新型コロナの感染拡大を受けて一部の店舗で閉店時間を早めたほか、店舗所在地の自治体の要請に応じるかたちで酒類の提供時間を制限せざるを得なくなった。これは夜のちょい飲み需要や飲みのあとの締めのラーメン需要が小さくない日高屋にとっては致命的だ。

 今後も、夜遅い時間帯は厳しいだろう。新型コロナの影響で消費者が昼中心の生活にシフトすることが考えられるためだ。こうしたことを見越して対策を講じる外食チェーンが出てきている。ファミリーレストラン「ガスト」などを展開するすかいらーくホールディングスは、深夜の需要減が避けられないとみて閉店時間を原則として午後11時半に早める方針を打ち出した。居酒屋大手のワタミも需要減を見込み、全店舗の1割強にあたる65店の閉店を発表している。

 ハイデイ日高も、何かしらの対策を講じることが必要だろう。もっとも、同社は新型コロナ前からの深夜の需要減少による業績低迷の打開策として時短営業を進めるなどしてきたため、この面での対策は限られている。

 近年は働き方改革の影響で、遅くまで仕事をする人が減っている。日高屋に寄らずに帰る人も増えていった。その対策として時短営業を進めてきたのだが、それに伴い業績も低迷するようになった。20年2月期の既存店売上高は前期比1.8%減とマイナス成長だ。20年2月期単独決算は売上高が422億円で前期比0.8%増と伸び悩み、営業利益は40億円で同13.4%減と大幅に減った。以前は2桁の増収率が珍しくなく、営業利益は毎年伸びていたので明らかに失速している。この状況を打開するには時短営業以外の施策も必要だろう。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ