NEW
beautyeditor.jp「日本の女性のために!」

UVケアアイテム、最先端技術のオススメ商品5選!ケア方法のカギは“2段構え”

文=大高博幸/ビューティ エキスパート、構成/beautyeditor.jp

UVケアアイテム、最先端技術のオススメ商品5選!ケア方法のカギは“2段構え”の画像1

UVケア新情報 + オススメの新作映画 × 3 !

 シミやソバカス、茶ぐすみといった色素トラブルを招くだけでなく、シワやたるみ  etc、エイジングサインの引き金ともなるUV=紫外線。近年は年間通じてのUVケアが常識になっていて、それはとてもいい傾向。しかし、そんな皆さんもSPFの数値やPAの+の数ばかりに気を取られて、UVケアアイテムの進化については気づいていない方が多いようです。

 一例を挙げると、2015年の春に資生堂が発表した「ウェットフォーステクノロジー」によるアイテムは、汗や水で濡れると効果が薄れるどころか、逆にUVブロック膜が強くなるという世界初の最先端技術を搭載して、美容ジャーナリストたちをビックリ仰天させました。資生堂のサンスクリーンは、その後も毎年なんらかの新技術を開発して、着実に進化し続けています。

 しかし、美容講習会の場等でこのウェットフォーステクノロジーの話をすると、いまだに大半のお客様が驚きの声を上げるのです(断っておきますが、彼女たちは美容意識レベルの高い方々です)。

 そこで今回は、最新かつユニークなUVケアアイテムについて、僕なりに紹介したいと思います。

オススメのUVケアアイテム

 まず世界的に見て、最も進歩的なアイテムをピックアップ。

・資生堂インターナショナル SHISEIDO ザ パーフェクト プロテクター  SPF50+・PA++++(日焼け止め用乳液)50ml \4,700(本体価格。税別、以下同様)

 最新の熱を感じるとUVブロック膜が強くなる技術「ヒートフォーステクノロジー」と先のウェットフォーステクノロジーとを組み合わせた新技術「シンクロシールド TM」を搭載。これにより、熱・汗・水を味方につけ、強烈なUVから肌を今まで以上にしっかりと守る日焼け止めへと進化。ウォータープルーフ処方の上、素早く肌になじんで白くならないのも嬉しい特性。

 2層タイプのため、使用するたびに必ずよく振るコト。しかし振り不足の方が少なくないそうで、これは要注意です。また、汗・水には強いものの、それをタオルで拭いた後などは、必要に応じて塗り直す or つけ足す必要はあります。

UVケアアイテム、最先端技術のオススメ商品5選!ケア方法のカギは“2段構え”の画像2

 これとほぼ同一の技術を搭載した、資生堂 アネッサ パーフェクト UV スキンケアミルク a SPF50+・PA++++は、よりアウトドア & マリンスポーツ向きという感じ……。

詳しくは、https://brand.shiseido.co.jpへ。

 次に、目にしみないUVケアについて。

 実は、これについては男性からも質問を頂くコトがよくあったのですが、長い長い間、即答が難しい状態が続いていました。ところが昨年6月、目元や唇などの敏感な部位にも使用できるようにと研究開発された製品が、フランスの最高級ブランド「シスレー」から登場したのです。それは目元ギリギリまで使用しても涙が流れたりしない優れモノで、僕自身も秋の終わり頃までに2本継続使用しました。

・シスレー スティック ソレイユ  SPF50+ PA++++  (日焼け止めスティック)  15g \10,000

 ソフトマットかつフレキシブルな薄い被膜を形成する、スティックタイプのUVケア。ほぼ透明なミディアムベージュ色のティントタイプで、シミや色ムラをフェイントする効果があり、目元や唇だけに使っても、顔全体に使ってもOKという逸品です。日本の大多数の女性の好みを考えると、1〜2トーン明るい白めの色が揃っていれば、愛用者が何倍にも増えたに違いありません。多少暗いと感じてもぜひ試してみてください。

関連記事