マック、コロナ下の4月に“売上増”のミラクル達成…時代の先を読む投資が見事にヒットの画像1
マクドナルド HP」より

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、さまざまな飲食店が営業規模の縮小や休業を決断せざるを得なかったこの春。著しく業績を悪化させる飲食店も多いなか、大手ハンバーガーチェーン店のマクドナルドは、3月の既存店売上高は前年同月比0.1%減と微減にとどめ、4月の既存店売上高は前年同月比6.5%増となり、コロナ禍で逆に業績をアップさせたのだ。

 また、4月は20日から全国約1910店舗がイートインを中止したこともあり、既存店客数が前年同月比18.9%減となっているが、客単価は31.4%増と大幅に増加している。そのため、コロナ禍で家族利用が増えたことがマクドナルドの好調の理由ではないかと分析されているのだ。実際ケンタッキーフライドチキンも、今年の3、4月の既存店売上高が前年比から増加しているが、家族利用の需要が増えたためとみられている。

 マクドナルドが業績アップさせた要因や、好調な飲食チェーン店の共通項とはいったいなんだろうか。フードアナリストの重盛高雄氏に話を聞いた。

業績アップ最大の理由はアプリなどの事前のインフラ整備

 まず、マクドナルドがコロナ禍で業績アップさせた要因についての重盛氏の見立てを聞いた。

「客単価の増加は単純に家族利用が増えただけでなく、マックデリバリーが1500円以上でなければ利用できないという制度上の理由もあるでしょう。1人分で1500円以上にするのは難しいため、複数人分頼むこととなり、必然的に客単価が上昇するというわけです。

 また、営業時間の短縮やイートインの中止といった会社としての対応を素早く発表したことや、衛生管理の取り組みも好調の要因として考えられます。特に衛生管理については2014年~15年に大きな問題が発生したあと、公式ホームページで衛生管理についての情報発信を丹念に行うようにするなど、信頼回復のための取り組みが評価されて、消費者に選ばれているのではないでしょうか」

 そして、マクドナルド好調の最大の要因は、これまでのインフラ整備が時世とマッチしたことにあるという。

「マクドナルドはスマートフォンから商品の注文ができる、モバイルオーダーを導入しています。注文のために並ぶことがないため、従業員やほかの利用客との接触の機会を軽減できると注目されたのですが、このシステムは新型コロナウイルス感染症の流行以前からマクドナルドが取り組んでいた施策でした。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合