渋谷、オフィスビルの建設ラッシュ→解約が続出?ウーバーイーツの危険運転で接触事故多発の画像1
「gettyimages」より

 新型コロナ禍はいまだ収束せず、第2波の襲来も懸念される。国民の生活は様変わりして、経済の回復も見通しは立っていない。タクシードライバーは景気の移り変わりをもっとも実感する職業と言われているが、現役ドライバーである私から見た大都会・東京を報告してみよう。

大手町や渋谷のオフィスビルは解約続出か

 まず、東京駅近辺のオフィス街。サラリーマンの数は6月より増えたものの、依然活発な動きは見られない。大手企業を中心にテレワークが進んでいるためだろうか。

 とあるお客さんの話では「大手町渋谷のオフィスビルは解約が続出しているらしいですよ。特に渋谷は、オフィスが足りないと新たなビルの建設ラッシュだったのに、コロナでテレワークを一気に推し進めたものだから、オフィスは今までの半分から3分の1ぐらいでいいって会社も多いらしいです。それにしても、あんなに新規オープンさせて中がスカスカになったら、それだけで経済への影響は大きいですよね」

 確かに、莫大な建築費を使って建てられたビル群が無用の長物になってしまっては、不動産会社やオーナーなど、経営が火の車になってもおかしくはない。

 また、例年6月下旬は株主総会の時期であり、それに伴ってビジネスマンのタクシー移動も活発になるが、そんなお客さんの数は少ないままだ。私自身、大手町のオフィスビル周辺で仕事をすることが多かったのだが、4、5月はほとんどお客さんを乗せられず、6月のオフィスビル前での客待ちも、待ち時間が明らかに長い。

 タクシーの乗客のなかには些細なことでクレームをつける人も多いが、ビジネスマンはモラルのしっかりしている人が多く、クレーマーに当たる確率が低い。よって我々ドライバーとしても非常に仕事がしやすく、特に大手町は人気の営業場所だった。しかし、お客さんが少ないと、ほかの営業場所に向かうことになってしまう。

 ビジネスマンが少ないなら、我々が次に狙うのは「富裕層のタクシー利用」だ。六本木、麻布、白金、青山あたりを走っていると、土日はもちろん平日でもタクシー利用者が多く見受けられる。タクシー乗り場に並ばず、大通りを走っているだけで手が挙がることも多いのだ。また、銀座や日本橋のデパートも営業を再開しており、その近辺から乗車する富裕層の利用は元に戻った感じがする。

 新型コロナの影響は飲食・イベント産業を破壊したが、これらの業界で働く人々は低賃金だ。残酷にも、新型コロナはそういった低賃金層に致命的なダメージを与えたが、株価の動きやタクシーの乗客数などから、前述の地域に住んでいる富裕層や上場企業役員への影響は、現時点では少ないのではと感じる。通勤にタクシーを推奨している会社もあるらしく、私自身、朝夕に5000円以上のお客さんを乗せる回数が増えたと感じている。

 また、最近はスマホアプリからタクシーを呼んでくれる人も多く、利用者の多いポイントを把握すれば、アプリ経由で呼ばれることもよくある。このように富裕層の動きはコロナ前とあまり変わらず、売り上げ減少を食い止めてくれていると言える。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ