いきなり!ステーキの店舗(「Wikipedia」より)
いきなり!ステーキの店舗(「Wikipedia」より)

いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスが、大きな動きに出た。傘下のステーキチェーン「ペッパーランチ」を投資ファンドに85億円で売却することを決めたのだ。売却で得た資金を不振の「いきなり!ステーキ」に投下して、てこ入れを図る。

 合わせて「いきなり!ステーキ」を中心とした114店の閉店と、200人の希望退職を募ることも発表した。ペッパーフードサービスは2期連続で最終赤字を計上するなど業績が悪化しているが、こうした施策で業績を上向かせたい考えだ。

 ペッパーフードサービスはペッパーランチを簡易新設分割で設立した新会社「JP」に承継していたが、そのJPを投資ファンドのJ-STARに売却する。売却額は85億円だが、JPの売上高によっては最大102億円まで増額されるという。

 ペッパーフードサービスはこれまで、「いきなり!ステーキ」とペッパーランチの2つの事業を軸に経営を進めてきた。「いきなり!ステーキ」は収益が悪化しているが、ペッパーランチは堅調に推移している。直近本決算である2019年12月期のペッパーランチの売上高は87億円と全体の1割にすぎず、8割を占める「いきなり!ステーキ」(571億円)と比べて事業規模は小さいが、セグメント利益はそれぞれ12億円、19億円となっており、利益率はペッパーランチのほうが圧倒的に高い。

 つまり、ペッパーフードサービスは収益性が高いペッパーランチを売却しなければならないほど追い込まれていたのだ。「いきなり!ステーキ」の不振で業績が悪化したほか、財務内容も悪化していた。19年12月末時点の現預金は1年前と比べて42億円少ない24億円まで減った。また、自己資本比率は2%まで低下していた。こうした状況を打開するため増資を実施したが、株価低迷で不調に終わっていた。そこでペッパーランチを売却することで資金調達を行うに至ったわけだ。

 ペッパーランチは1994年から事業を開始し、今年5月末時点で全国に189店を展開する。黒胡椒がまぶされたごはんや牛肉、コーンが盛られた「ビーフペッパーライス」(現在税抜き700円)を看板メニューに事業を拡大してきた。全体の価格帯は「いきなり!ステーキ」よりもやや低い。

 ペッパーランチはショッピングセンター(SC)への出店が多く、家族連れに人気だ。同じステーキ店の「いきなり!ステーキ」はビジネス街や駅前の路面店が多く男性客が多いという違いがあるため、すみ分けができていた。

関連記事