NEW
浜田和幸「日本人のサバイバルのために」

中国・三峡ダム、「人類史上最も悲惨なダム決壊事故」の危険…被災者6億人、工業地帯水没

文=浜田和幸/国際政治経済学者
【この記事のキーワード】

, ,

中国・三峡ダム、「人類史上最も悲惨なダム決壊事故」の危険…被災者6億人、工業地帯水没の画像1
三峡ダム(「Wikipedia」より/Centpacrr)

 このところ、世界でも日本でも新型コロナウイルスの感染者は増える一方である。しかし、それと歩調を合わせるかのように自然災害も猛威を振るっている。世界最悪の感染者数に見舞われているアメリカであるが、テキサス州やフロリダ州など南部一帯では例年をはるかに上回る勢いでハリケーンが猛威を振るい、アラスカ州では巨大な地震が相次ぎ、ハワイ州でも洪水が発生するといった有様だ。

 白人警察官によって黒人が首を押さえつけられ殺害された事件によって全米各地で人種差別撤廃を求めるデモや破壊行為が急増するアメリカであるが、「コロナ禍、自然災害、人種問題、そして3人に1人が失業という雇用危機」と、まさに4重苦に襲われているといっても過言ではないだろう。

 それと比べれば、日本はまだ救われているといえるかもしれない。それでも九州、中部、東北地方など各地で豪雨被害や土砂災害が連続しており、安倍首相は甚大な被害に見舞われた熊本県を視察し、災害復旧のために4000億円を超える予算を投入すると宣言した。しかし、新型コロナウイルスが終息しない状況下で観光産業を支援すると称して「Go Toキャンペーン」が始まったため、「かえって感染が拡大するのでは」といった危惧が深まる状況が続いている。

 にもかかわらず、安倍首相からは国民が納得、安心できるようなコロナ対策に関する説明が一向に打ち出されていない。PCR検査も希望者が急増しているにもかかわらず、十分な対応がなされないままである。それどころか、政府と東京都や大阪府の間で責任のなすり合いが繰り返されるような状況が続いている。これでは事態は悪化の一途を免れないだろう。

 とはいえ、コロナ禍や自然災害の脅威にさらされているのは日本だけではない。アメリカに限らず、5月以降は世界各地で大雨による洪水が発生し、かつてないほどの広範囲にわたり大きな被害が報告されているからだ。

 たとえば、新型コロナウイルスの発生源と目される武漢を抱える中国では443の河川が氾濫し、そのうち33の河川では過去最高の水位を記録。すでに数千万人が避難を余儀なくされている。大半の河川は中国最大、最長の揚子江の支流である。問題は後に述べるが、その揚子江に建設された「世界最大を誇る三峡ダムが決壊するのではないか」と危惧されていることだ。

「世界最大のダム王国」

 実は、中国には10万基近いダムが建設されている。世界でもっとも多くのダムを保有しているわけで、「世界最大のダム王国」といっても過言ではない。とはいえ、三峡ダムのような巨大なものは例外で、97%のダムは貯水容量が1000万立方メートル以下の小型ダムである。揚子江に限らず、黄河や淮河などの支流にも数多くのダムが建造されている。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ