ひっそり終了「NAVERまとめ」の功罪…なぜ革新的サービスは“迷惑な問題児”にの画像1
サイト「NAVERまとめ」より

 2020年7月1日、「NAVERまとめ」の公式ブログで同年9月30日をもってNAVERまとめはサービスを終了すると発表された。

 LINEの子会社、ネクストライブラリが運営するNAVERまとめは、インターネット上のさまざまな情報をテーマに沿って集約し、それを記事として共有するサービスだ。公式ブログでの記述によると、サービス終了の理由は「サービス環境・市場環境の変化による単独サービスとしての今後の成長性」「LINEグループ全体での選択と集中の観点」などを踏まえた結果だとされている。

 グーグルなどの検索エンジンを利用した際、検索結果上位にNAVERまとめで作成された記事が表示されたので、名前に見覚えがあるという方は多いだろう。しかし、実際にどんなサービスであったのかを詳しく知らない方は、意外と少なくないのではないだろうか。

 そこで今回はITジャーナリストの高橋暁子氏に、NAVERまとめが誕生した理由やその変遷、インターネット社会に残した功罪について聞いた。

NAVERまとめの原点は情報収集の簡便化にあり

 NAVERまとめは2009年7月1日にサービスを開始。当初はLINE(当時はNHN Japan)の子会社であるネイバージャパンが運営していたが、12年1月1日の親会社との経営統合に伴い移管。17年11月8日にネクストライブラリへと事業が継承された。

 では、運営開始当初のNAVERまとめはどのようなサービスを目指してスタートしたのだろうか。

「NAVERまとめはインターネット上に情報が溢れかえり、欲しい情報にたどり着くために検索のテクニックが求められるようになっていたなかで、情報検索の簡便化を目的にサービスが開始されました。ユーザーが作成したまとめにアクセスすることで、誰でも容易に求めていた情報が手に入れられるというのが、当初NAVERまとめが目指していた利用方法でした。

 現在も、手っ取り早くまとまった情報を得たいという方が利用されています。一方で、まとめを編集する方のなかには、閲覧数などによるインセンティブで収益を得るためや、誰かを晒し者にするために使うというユーザーも存在しますね。ただ、アドセンス広告を設置したブログなどと比較すると圧倒的に利率が悪いので、副業として本腰を入れて活用されるという方はあんまりいらっしゃらないようです」(高橋氏)

 まとめサイト作成に特化したウェブサービスの先駆者として登場したNAVERまとめは、やがてキュレーションメディアとして舵を切ることとなった。

「同時期に『Togetter(トゥギャッター)』や『ONETOPI(ワントピ)』などの似たようなウェブサービスが生まれ、情報を集めて整理する“キュレーション”の概念が一気に注目を浴びることとなりました。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ