NEW
今井亮一「知らないと損する裁判傍聴記」

もっとも衝撃的だった“盗撮ハンター”の裁判傍聴記…盗撮犯を恐喝して荒稼ぎする人々

文=今井亮一/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

もっとも衝撃的だった“盗撮ハンター”の裁判傍聴記…盗撮犯を恐喝して荒稼ぎする人々の画像1
東京地方裁判所(「Wikipedia」より)

『「盗撮ハンター」手口で110万円恐喝 容疑で男女逮捕「毎週やった」』と8月3日、産経新聞が報じた。34歳の男が「池袋の商業施設」で、内妻(35歳)にミニスカートを着用させ、盗撮した20代の男性に対し「俺の女なんだけど」などと声をかけ、110万円を脅し取ったという。

「盗撮ハンター」とは盗撮犯を狙う恐喝犯のことだ。その刑事裁判を私が初めて傍聴したのは8年ほど前だ。以来、何件か傍聴してきた。総務省と警視庁の統計から、スマートフォン(以下、スマホ)の保有率と盗撮の検挙件数を重ねてみよう。

    保有率 検挙件数
2010年 09.7% 201件
2011年 29.3% 263件
2012年 49.5% 484件
2013年 62.6% 633件

 盗撮はスマホでのみ行われるわけではないが、スマホの爆発的な普及とともに盗撮は激増している。2018年の保有率は79.2%、検挙は774件だ。私が東京地裁で傍聴してきた盗撮ハンターの裁判のうち、最も衝撃的だったケースをご報告しよう。

盗撮の常習犯だった盗撮ハンター

 被告人は41歳、無職。公訴事実は2件あった。1件の現場は新宿歌舞伎町。盗撮犯を捜し、女性のスカートの下にトートバッグを差し入れている男性(38歳)を見つけ、「なに盗撮してんだよ。俺の親戚に産経新聞の記者がいる。大変なことになるぞ。サラ金で借りてこい」などと言い、現金30万円を脅し取った。

 もう1件は、秋葉原駅でスカート内にショルダーバッグを差し入れている男性(49歳)を見つけ、「俺の彼女を盗撮しただろ。初犯なら30万か50万円だな、彼女は相当怒ってるから50万円だな、奥さんいるんだろ」などと言い、現金約36万円を脅し取った。

 だいぶ複数回やっていたようだ。なぜそんなことを始めたのか。半年ほど前、電車内で痴漢男を捕まえ、駅の事務所へ連れて行こうとした。しかし被害女性は忙しかったのか、警察にかかわりたくない事情があったのか、痴漢男の鞄を叩いて去った。痴漢男は「お金をやるから見逃して」と言い、そこから始まったのだと被告人は述べた。

 被告人の携帯電話には、ある男との間で「恐喝の成果や意気込みを伝えるメール」が大量にあった。検察官が次々と読み上げた。以下、メモしきれなかった部分を「…」でつなぐ。

「今回は見逃してと言ってたけど狩りました…エスカレーターで鞄の中に…バカ野郎です…乗り込む前のタクシーの前で狩りました…昨日は新宿アルタで…今年中に1億達成…あと4000万、月300万貯金、夏なら700万ぐらいイキますよ…今年は本業犠牲にしても…でかいイベントには魚が集まりますので…来月もガンガン攻めますよ…」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ