菅官房長官にも体調不安説が取り沙汰、総裁選が混沌…安倍首相辞任の裏で飛び交う噂の画像1
28日、首相退任会見時の菅長官

 8月29日、安倍晋三首相が官邸で記者会見を開き、辞任を表明した。これで、7年8カ月にもわたる長期政権が幕をおろす。

 安倍首相が会見で口にした辞任理由は、持病である潰瘍性大腸炎が再発し、体調悪化により新型コロナウイルス感染対応などで迅速かつ正確な判断が下せない状況にあるためとした。安倍首相が持病の潰瘍性大腸炎を抱えながら公務にあたっていたことは、第一次政権のときから周知の事実だった。7月末頃から体調不安がメディアでも報道されるようになり、8月に報道が本格化した。

 一国の宰相が激務であることはいうまでもないが、首相を横で支える側近たちも、それは同様。安倍政権の立役者ともいわれる菅義偉官房長官も、その一人だ。政権発足以来、菅長官も休みなく仕事を続けてきた。政権の顔として矢面に立つポジションであるため、多忙というだけではなく精神的な負担は重い。そして過去の安倍首相の会見時、首相よりも苦悶の表情を見せていたのが、ほかならぬ菅長官だった。

 従来、首相会見では首相より前に官房長官と官房副長官が入室して演壇の横に立ち、待機しているところに首相が入室。演壇に上がり、報道陣による写真撮影後に首相の発言が始まる。これまでは首相の冒頭発言が終わるまで、官房長官と官房副長官は起立をしたまま首相の発言を聞くのが一般的な流れになっていた。

 しかし、2012年12月26日の第2次安倍政権発足時の記者会見で、首相発言中に杉田和博官房副長官が体調不良で卒倒するハプニングが起こり、大事には至らなかったが、以降の会見から首相が冒頭発言前に目配せなどをするのに応じて、官房長官と官房副長官が着席することが慣例になっていた。今回の辞任会見では、安倍首相が目配せする前に菅長官が早々と着席し、隣に立っていた3人の官房副長官も着席。そのタイミングは、通常よりも早かった。

 立っているのが辛そうな表情を浮かべていた菅長官は、着席後も顔色は冴えず、辛そうな表情を何度も見せた。会見後、記者たちからも「安倍首相より、菅長官のほうが体調は悪そうに見えた」と指摘する声が相次ぎ、ジャーナリストの江川紹子氏も菅長官の体調を心配するツイートをしている。

政策に通じ、官邸職員の人心を掌握

 今のところ、菅長官の体調を案じる新聞・テレビは見当たらないが、「安倍政権のキーマン」「安倍政権の隠れた権力者」などとも形容されてきただけに、安倍首相と同じぐらい菅長官の体調も政局を大きく左右する。

 菅長官は“モリ・カケ・サクラ”といった安倍政権の危機においても、「そうした批判はあたらない」と繰り返して、記者の追及をかわしてきた。菅長官の木で鼻をくくるような答弁は、鉄壁な防御だった。これは“菅話法”とも形容された。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ