ワタミ、売上9割減で危機…再建の柱・焼肉食べ放題「一人3千~4千円」に“高い”の声の画像1
和民の店舗(「Wikipedia」より/Asanagi)

 高品質のA4和牛が回転寿司店のような特急レーンに乗って運ばれてくる。1人3980円で国産和牛や麺類、寿司、サラダ、アイスなどが食べ放題――。

 ワタミは今春、焼肉食べ放題の新業態「上村(かみむら)牧場」1号店「京急蒲田第一京浜側道店」を大田区蒲田に出店した。6月には大阪府守口市に関西1号店をオープン。年内には台湾台北市とベトナムホーチミン市にも出店する予定という。ワタミがカミチクホールディングス(鹿児島市、上村昌志会長、非上場)と設立した合弁会社、ワタミカミチクが上村牧場の運営にあたる。

 カミチクグループでは直営牧場で1万8000頭、南九州の預託農場で4万4000~5000頭の肉用牛・乳用牛を飼育している。4等級以上の鹿児島県産和牛に限定した「薩摩牛」や、豪州産Wagyuの素牛を鹿児島県内の自社農場(カミチクファーム)で飼育した肉専用種「南国黒牛」などを生産している。上村牧場では「薩摩牛」「南国黒牛」を看板牛として各種メニュー・コースを用意、食べ放題コースは1人当たり2980円、3580円、3980円で提供する。

 上村牧場の事業説明会でワタミの渡邉美樹会長は「居酒屋業態をもう一度蘇らせたい。そのためには、ウリとなるものが必要だ。カミチクグループは、さまざまな部位や等級の牛肉を手掛けている。ワタミとしてはカミチクの牛肉を全面的に使わせてもらいたい」と語った。系列の居酒屋などにも和牛を供給し、業務提携を広げていく。

 上村牧場について渡邉会長は「向こう5年で国内200店舗、海外10カ国100店舗。10年では国内400店舗、海外20カ国300店舗のチェーン店を展開していきたい。1店舗当たりの年商は2億円を超えるため、かなりのボリュームの商売ができるのではないか。海外では、台湾、ベトナムのほか、中国、米国、韓国、マレーシア、シンガポールへの進出を考えており、上村牧場とともに世界を切り開いていく」と自信をのぞかせた。

居酒屋「新御三家」のワタミは新興勢力の後塵を拝す

 居酒屋は1980年代のバブル景気に合わせて成長してきた。「御三家」と呼ばれる養老乃瀧、村さ来、つぼ八がチェーン居酒屋市場を開拓した。バブル崩壊後に台頭したモンテローザ、ワタミ、コロワイドは「新御三家」といわれた。居酒屋は浮き沈みが激しい。全品298円均一価格の鳥貴族や串カツ田中などの新興勢力が次々と登場してきた。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ