NEW

突然消える同僚、3カ月で年収200万円アップ?…覇権企業ネトフリの真実

構成=編集部
突然消える同僚、3カ月で年収200万円アップ?…覇権企業ネトフリの真実の画像1
映画「NETFLIX/世界征服の野望」公式サイトより

 世界190カ国以上で事業を展開し、約1億8300万人の有料契約者数を獲得、年間のコンテンツ投資額は1兆5000億円――そんな新しい“メディアインフラ”ともなりつつあるNETFLIXの大躍進の秘密に迫ったドキュメンタリー映画『NETFLIX 世界征服の野望』(監督:ショーン・コ―セン、配給:TOCANA)が12月11日(金)からヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサなどを皮切りに順次全国公開される。

 映画は同社の正体を暴いたベストセラー『NETFLIXコンテンツ帝国の野望』の著者、ジーナ・キーティング氏が脚本を担当。当時世界最大のレンタルビデオチェーンだったBLOCKBUSTER VIDEOとの“全面戦争”の模様を中心に、今やワーナー・ブラザーズやディズニーにすら一目を置かれる覇権企業として成り上がっていった模様を、同社の共同創設者で元CEOのマーク・ランドルフ氏をはじめとする主要な創業メンバーや、競合相手たちへのインタビューで赤裸々に描く。

 当サイトは同作品の公開に合わせ、TOCANA編集部と共に、NETFLIXジャパンの元社員3人を集め、匿名座談会を行った。どんな形で採用されるのか、給料はいくらのか、はたまた合コンではモテるのか――。“コンテンツ帝国”の秘密の一端をズバリ聞いた。

思ったよりアンチ映画ではなくてびっくりした

Aさん:?代 元大手映像会社勤務からNETFLIXへ

Bさん:20代 国内大手コンテンツ会社勤務からNETFLIXへ

Cさん:30代 外資系異業種企業からNETFLIXへ

――『NETFLIX 世界征服の野望』をご覧になられてどうでしたか?

A:初期の頃BLOCKBUSTERとの戦いは既に有名な話ですが色々なインタビューを聞いて気が付かなかった点がたくさんあったので面白かったです。今の社員に見るようにぜひ勧めてほしいです。

B:こんな歴史があったんだと驚きました。

A:レンタルビデオ、DVD時代の話は、今の社員の人もあまり知らないと思います。次の世代の人も見た方がいいと思いました。

――劇中、NETFLIXとブロックバスターの間にスパイ合戦のくだりがありましたけど、そういう仕事って実際にあるんですか?

一堂:ないです。

C:競合という意識がないんです。自分たちが市場を切り開いているので。

A:競合他社の情報を知ったからどうということではないです。

入社3カ月で年収が200万円アップ

――なるほど。おそらくNETFLIXを知っている人はみんな気になっていると思うのですが、ぶっちゃけ年収はおいくらなんですか。

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合