NEW
サンミュージック社長・相澤正久×アイドル評論家・中森明夫、徹底対談【前編】

酒井法子の青春と“あの事件”…事務所社長とアイドル評論家が語る「芸能プロの存在意義」

構成:岡島紳士
【確認中】酒井法子と共同生活、家庭教師…大手芸能プロ社長が語る「タレントと事務所は家族」の意味の画像1
東京都新宿区左門町のサンミュージックプロダクションにて。右が同社代表の相澤正久氏。左が評論家の中森明夫氏(写真:岩澤高雄【The VOICE MANAGEMENT】)

 芸能界が転換期を迎えている。

 相次ぐ自死、大手プロダクションからの独立、YouTubeをはじめ既存メディアに頼らない表現手段の確立――。ほんの十数年前にはおよそ考えられなかった変化の数々が、この数年のうちに怒涛のように芸能界を襲っている。

 こうした変化を、長く芸能界に携わってきた賢人たちはどのように眺めているのか。この2人に、そのあたりのことについて語り合ってもらうこととした。

 ひとりは中森明夫。

 今や世界共通語となっている「おたく」の名付け親にして、アイドル評論家。1980年代には「新人類の旗手」と呼ばれ世間を賑わせ、昨秋には初の自伝的小説『青い秋』(光文社)を上梓し高い評価を得た。

『青い秋』は自伝的な内容ではありつつも、主人公の中森明夫が「中野秋夫」などといったふうに多くの登場人物の名にわずかながら変更が加えられており、あくまでも小説という体裁となっている。その主人公の目線から、「“おたく”の誕生」「新人類と呼ばれた時代」「国民的美少女」「自殺した伝説のアイドル」など、中森氏の“芸能人生”を彩ってきたいくつかのエピソードが瑞々しく描かれている。

 もうひとりは相澤正久。

 大手芸能プロ「サンミュージックプロダクション」の代表取締役社長にして、中森氏とは30年以上の親交を持つ。サンミュージックは相澤の父・相澤秀禎氏(2013年に逝去)が設立、桜田淳子、松田聖子、早見優など、数多くの伝説的女性アイドルを輩出し、現在は安達祐実やベッキーなどの一般タレントのみならず、カンニング竹山、小島よしお、メイプル超合金、ぺこぱなど独自のスタンスで活躍する人気のお笑い芸人が所属することでも知られる業界の老舗だ。

【前編】の今回は、1980年代から現在に至るまでの芸能界を間近で眺めてきた2人に、その出会いや、1980年に隆盛を極めた“サンミュージックアイドル”の歴史について、語り合ってもらった。

【後編】はこちら

【確認中】酒井法子と共同生活、家庭教師…大手芸能プロ社長が語る「タレントと事務所は家族」の意味の画像2
相澤正久(あいざわ・まさひさ)
1949年、神奈川県生まれ。サンミュージックプロダクション代表取締役社長。米国の大学を卒業後、旅行会社などを経て1979年、父・相澤秀禎氏によって1968年に設立された同社に入社。1995年には取締役副社長に就任し、今に連なるお笑い部門を同社内に設立。2004年からは代表取締役社長を務める。(写真:岩澤高雄【The VOICE MANAGEMENT】)
【確認中】酒井法子と共同生活、家庭教師…大手芸能プロ社長が語る「タレントと事務所は家族」の意味の画像3
中森明夫(なかもり・あきお)
1960年、三重県生まれ。コラムニスト、評論家。成人向けマンガ雑誌「漫画ブリッコ」(白夜書房)誌上で1983年に連載したコラムにおいて、今や海外でも通用する「おたく」という言葉を史上初めて使用。1985年からは「新人類の旗手」(栗本慎一郎による造語。従来の常識が通用しない当時の若者を指した言葉)などと呼ばれメディアから引っ張りだことなった。1991年には宮沢りえ、観月ありさ、牧瀬里穂の3名を総称する「3M」なる語を発案し、流行語に。一方で1985年に『東京トンガリキッズ』(現在は角川文庫に所収)で小説家デビューし、1988年発表の『オシャレ泥棒』(マガジンハウス)は宮沢りえ主演でテレビドラマ化された。2010年に発表した『アナーキー・イン・ザ・JP』(現在は新潮文庫に所収)は第24回三島由紀夫賞の候補作となった。(写真:岩澤高雄【The VOICE MANAGEMENT】)

のりピーの覚醒剤事件についても真摯に対応してくれた、サンミュージックという会社

相澤正久(以下、相澤) 1985年くらい、僕が35〜36歳の頃からのお付き合いですね。

中森明夫(以下、中森) 僕がライター仲間とミニコミ雑誌などでアイドルについて書いていた頃でした。そんなミニコミ誌の取材にも答えていただきましたね。当時のサンミュージックには松田聖子や早見優、岡田有希子ら錚々たるアイドルたちが所属していて、まさにサンミュージックアイドル全盛の時代。でもその頃から、駆け出しだった僕らにものすごく優しくしてくださった。大手プロは基本的に、こんなどこの馬の骨とも知れない若者には冷たかったんですが、相澤社長はとにかく優しかった。

相澤 一緒にご飯を食べにいったりしましたね。いろいろと話をして、非常に柔軟な考え方のできる方だなという印象でした。

――中森氏の小説『青い秋』を読まれて、どうでしたか?

相澤 順風満帆なように見えて、実はずいぶんといろんなところで壁にぶつかってこられたんだなと。でもそれを柔軟に解決し、人生の肥やしにしてこられたのだなあと思いましたね。

中森 いやはや、なんとか生き延びてきたという感じです。

相澤 文章を読んでいると、頭のなかに絵が見えるんですよ。その表現力が素晴らしいなって。

中森 ありがとうございます。亡くなられた先代の会長(相澤秀禎氏。正久氏の父)も優しかったんですよ。2009年に酒井法子さんの覚醒剤取締法違反の事件があった時も、大変真摯に対応してくださいました。普通は、そういう事件、不祥事についてなんか、語りたくないものじゃないですか。

相澤 いやいや、でもそういう社風なんですよね。

【確認中】酒井法子と共同生活、家庭教師…大手芸能プロ社長が語る「タレントと事務所は家族」の意味の画像4
2019年10月に中森明夫氏が光文社より上梓した自伝的小説『青い秋』(写真:岩澤高雄【The VOICE MANAGEMENT】)