NEW
片田珠美「精神科女医のたわごと」

小室圭さんからイジメ受け「ひきこもり」に、文春報道…借金返済拒否と共通の性格傾向が原因か

文=片田珠美/精神科医
【この記事のキーワード】

, ,

小室圭さんからイジメ受け「ひきこもり」に、文春報道…借金返済拒否と共通の性格傾向が原因かの画像1
眞子さまと小室圭さん(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 秋篠宮家の長女、眞子さまとの結婚が延期になっている小室圭さんの「イジメで私は高校中退。ひきこもりになった」と、中学・高校時代の同級生の女性が12月24日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で告白している。

 記事によれば、小室さんが通っていたカナディアン・インターナショナルスクールで、この女性は中学1年のときから約4年間にわたって小室さんを含む男子生徒5人の仲良しグループから陰湿なイジメを受けたという。すれ違いざまに「あ、ブタが通った。ブーブー!」と言われたり、「デブ」「ブタ」「ブス」などと書かれた紙を授業中に回されたり、その紙を机のうえに置かれたりしたらしい。こうしたイジメに耐えきれなくなって、この女性は高校1年生の終わりに退学に追い込まれたようなので、余程つらかったのだろう。

 小室さんからイジメを受けたという告発は今回が初めてではない。昨年5月にもやはり「文春」で、国立音楽大学附属小学校時代に小室さんからイジメを受けたと主張する男性が次のように告白している。

「僕も圭くんもガキ大将も、同じサッカー部でした。サッカーの練習をするといって、休み時間にキーパーとして僕を立たせ、至近距離から一斉にボールを蹴り込まれるということもあった。彼らとサッカーするのが嫌で、別のクラスメイトと休み時間に校庭で練習していると、教室の窓から大声で『学校来るな!』とか『キモい!』とか大声で叫ばれました。僕は学校を休みがちになりました」

小室さんがイジメを繰り返した理由

 一連の報道が事実とすれば、いずれの被害者も小室さんから心理的・身体的な攻撃を受け、強い精神的苦痛を感じていたことになる。これは、文部科学省の定義に従えばイジメにほかならない。小室さんはイジメを繰り返しているように見える。一体なぜだろうか?

 その理由として次の3つが考えられる。

1) うっぷん晴らし

2) 自己防衛

3) 「ゲミュートローゼ(情性欠如者)」

 まず、小学校時代のイジメが父親の死後始まったことから、うっぷん晴らしの可能性が高い。小室さんは父親の自殺によって喪失感を味わっただろうし、一家の大黒柱を失ったことによる母親の不安や家庭内の混乱も肌身で感じただろう。それによるストレスや欲求不満をうまく処理できないと、自分より弱い者を攻撃し、自分のほうが優位に立っていると感じることによって発散しようとする。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合