『鬼滅の刃』缶コーヒー、販売直後に5千万本突破…ダイドー、年間利益が予想の5倍に爆増の画像1
(鬼滅の刃コラボ)ダイドーブレンド ダイドーブレンドコーヒーオリジナル(サイト「Amazon」より)

 映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の興行収入が歴代1位になった。東宝の11月の興行収入は前年同月比10倍に達した。集英社から原作マンガの最終巻が発売された日の早朝、書店周辺の人出が普段の2倍になったという。カレーのコラボ商品、丸美屋食品工業の「鬼滅の刃カレー」は一時、発売直後の週に、新製品の発売後1週間の平均実績の60倍近い売れ行きを記録した。『鬼滅の刃』の経済波及効果は2000億円を超えると試算されている。

『鬼滅の刃』のコラボ缶、3週間で5000万本突破

 ダイドーグループホールディングス(GHD/東証1部)傘下のダイドードリンコが『鬼滅の刃』をあしらった缶コーヒーを1500万本追加販売する。『鬼滅の刃』とのコラボは、「ダイドーブレンド」発売45周年を記念して実現した。「ダイドーブレンドコーヒーオリジナル」に加え、新発売の「ダイドーブレンド絶品微糖」「ダイドーブレンド絶品カフェオレ」の3品に『鬼滅の刃』をデザインした計28種類のコラボ缶コーヒーを発売した。10月5日の発売直後から話題となり、約3週間で累計販売5000万本を突破した。

 ダイドーブレンドコーヒーをあまり飲んでいなかった若年層が商品を認知し、購入につながったという。この結果、缶コーヒーの年間販売計画を1500万本上乗せすることにした。ダイドーGHDは2021年1月期の連結業績予想を上方修正した。純利益は前期比41%増の25億円になる。従来予想は同72%減の5億円だったから、実に5倍だ。営業利益は前期比49%増の43億円と、従来予想から25億円オンする。原料のコーヒー豆の国際価格の下落が利益を押し上げた。

 10月単月のコーヒー飲料の販売数量(本数ベース・速報値)は、前年同月比49%増となった。コーヒー飲料の販売本数は11月も10%増と好調を維持している。それでも、21年1月期の連結売上高は前期比7%減の1560億円にとどまる。マレーシアでの飲料販売撤退が響く。トルコのミネラルウォーター販売も同国通貨リラ安で売り上げが目減りした。

連結売上高の8割が自販機、看板商品は缶コーヒー

 国内飲料事業は連結売上高の7割強を占める主力事業だ。2~10月期の売上高は前年同期比7%減の869億円。カテゴリー別ではコーヒー飲料が半分を占め、コーヒー類の売上高は4%減の436億円。チャネル別では自販機チャネルが8割弱。自販機チャネルの売上高は9%減の686億円だった。ダイドーGHDは自販機缶コーヒーの一本足打法である。定価で販売する自販機は、スーパー向けなどと比べて利益率が高い。全国に約28万台展開する自販機が業績のカギを握る。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合