維新・尼崎市議、政治ポスターで『鬼滅の刃』デザイン流用?光本氏「集英社に確認して作成」の画像1
尼崎市議会公式サイトより(電話番号を編集部で消しています)

「週刊少年ジャンプ」(集英社)に掲載された、国民的な人気漫画『鬼滅の刃』(同、吾峠呼世晴作)の各種デザインを流用したみられる兵庫維新の会所属市議の政治活動ポスターがTwitter上で話題になっている。ポスターは兵庫維新の会・尼崎市議会議員団幹事長の光本圭祐氏が掲示していたもの。当サイトの取材に対し、集英社は「基本的に政治利用に許諾は出していない」などと話す一方、光本氏は「集英社の知的財産課に相談した上で作成した」と主張している。何があったのか調べてみた。

 Twitter上では2日午後3時半ごろから、このポスターの写真が拡散されはじめ、複数のTwitterユーザーから「これは流石に出版社なんとか言ったほうがいい」「ジャンプにうったえられそうですねー」などの指摘が相次いでいた。

 ポスターは、作中の主人公竈門炭治郎の半纏に描かれている市松模様が全面に描かれていた。左上に『鬼滅の刃』のタイトルロゴと似たデザインで「維新の会」と記され、維新の会副代表で大阪府知事の吉村洋文氏と光本氏のバストアップ写真2枚とともに、「心を燃やせ!」とのキャッチコピーも記載されていた。ちなみに「心を燃やせ!」は、作中の人気キャラ、煉獄杏寿郎のセリフとして広く知られている。

鬼滅ブームにあやかった商品は大量に作られているが……

 市松模様は日本の伝統的な模様でもあり、必ずしも『鬼滅の刃』固有のデザインというわけではない。そのためか、昨年から続く「鬼滅ブーム」にあやかって、さまざまな企業が商品や広告のデザインに採用し始めている。一連のブームが新型コロナウイルス感染症の拡大で冷え込む日本経済に活力を与えている。だが、ポスターは市松模様だけではなく、タイトルロゴのデザインを似せている点、作中の名セリフが使われている点などがあったため、SNS上で指摘されたようだ。

 また一般的に、献血や防犯活動など公共性の高い広報企画や物品を除き、特定の政党による漫画・アニメ作品の利用はハードルが高いことで知られている。仮に使用許諾を取らずに各政党がPRに乱用してしまうと、作者の思想信条が曲解される危険性や、ファンの間に不要な分断を生む可能性もあるためだ。一般的に線引きが難しい話題であるものの、今回の件はどのように解釈すればいいのだろうか。

 当サイトは3日、集英社に同ポスターの使用許諾に関して問い合わせたところ、同広報部担当者は次のように語った。

「使用許諾申請については、いろいろな企業、個人様からいただいているので、すべてを遡ることは難しいのですが、基本的にそういった(編集部注、以下同:政治的な)利用には許諾は出さないので、許諾は出していないと思われます。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合