NEW

ahamo移行前の要注意ポイント…事前にやるべき4つの作業、できなくなる5つこと

文=加藤純平/ライター
【この記事のキーワード】

, ,

ahamo移行前の要注意ポイント…事前にやるべき4つの作業、できなくなる5つことの画像1
NTTドコモ「ahamo」のHPより

 NTTドコモの低価格料金プラン「ahamo」がスタートした。1カ月当たり「データ容量20GB」や「5G回線利用可能」「5分間の国内通話無料」などの魅力的な内容に加えて、月額2970円(税込み、以下同)という破格の料金もあって注目を集めている。

 充実した内容にもかかわらず「破格」の値段で提供できる理由は、ひとつに契約などが“オンライン限定”になっていること。ただ、これは旅行に行くときに、JTBなどの窓口でプランを立てるのではなく、「ヤフートラベル」などを使うと思えばわかりやすい。

 また、既存の割引サービスなども受けられなくなってしまうが、多くの場合、割引サービスを受けられなくなっても、ahamoにすればお釣りが出る人は多いはずだ。

 ようは、“シンプル”にすることによって低価格で提供することを実現した。このシンプル化によって、いくつか気をつけないといけないことがある。ahamoを検討している人やこれから契約しようと思っている人は、事前に確認しておいたほうがいいだろう。

ahamo契約前に「必要なこと」

・dアカウント発行、dポイントクラブ入会、dポイントカード利用者登録

 ahamoへの申込み時には、「dアカウントの発行」「dポイントクラブへの入会」「オンライン発行dポイントカード番号登録」が必要になる。これはオンラインで手続きを進めるために必要だからだろう。グーグルのサービスを利用するために、アカウントをつくるようなものなので、これは避けては通れない。とはいえ、dポイントは利用できる店舗は増え、お得なキャンペーンも多数実施されている。この機会に入っておくのもいいだろう。

・シェアパックが使えないので、解約や代表回線の変更が必要

 家族間でパケットを分け合える「シェアパック」が使えなくなる。そのため、シェアパック代表回線の人は、ahamoへの変更前にシェアグループの代表回線の変更やシェアパックを解約する必要がある。シェアパック子回線の人はシェアパックの解約が必要だ。

・未成年は利用できないので、名義変更が必要

 未成年が契約者になることはできないため、事前にドコモショップなどで成人のご家族へ名義変更が必要。

・オンライン化に伴う、アナログサービスの以降

 ahamoの特徴は、オンラインに振り切ったことだ。店舗や電話での対応ができないが、同様に請求書や料金明細類の利用ができなくなる。現在「請求書によるお支払い」を利用している人は、口座振替やクレジットカード払いに変更しないといけない。また、月々の利用料金の確認はahamoサイトで行うことになる。これまで利用料金の明細を郵送してもらっていた人は「eビリング」への申込みが必要だ。

 ただし、慌てる必要はない。たとえ事前に変更しないといけない設定が残っていても、申込み時にシステムでチェックしてくれる。

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合