「赤ずきん」は心神喪失で無罪?NHK Eテレ『昔話法廷』がリアル&重厚すぎて大反響の画像1
NHK Eテレ『昔話法廷』公式サイトより

 NHK Eテレの番組『昔話法廷』がじわじわと反響を広げている。豪華俳優陣の起用や小中学生向け教材とは思えないような重厚かつシリアスな内容に加えて、視聴者が最も気になる“判決シーン”がなく、“後味の悪さ”が逆に評判になっている。29日朝には最終回『「桃太郎」裁判』が放送され、『昔話法廷』というワードが同日午前、Twitterのトレンドにランクインした。

 最終回では、“鬼に対する強盗殺人”の罪に問われた桃太郎(仲野太賀)を追及する天海祐希が演じる検察官と、佐藤浩市演じる検察官の息詰まる論戦が展開され、“差別”という重いテーマに深く切り込んだ。

 同番組は、『シンデレラ』や『浦島太郎』などの童話や昔話の主人公や主要キャラクターを被告人として、裁判員裁判を行うという意欲作だ。脚本はNHK大河『おんな城主 直虎』を手掛けた森下佳子氏が担当した。

 前出の桃太郎の事例のように、各物語の主人公らは現代日本の法律を踏まえるとなんらかの罪を犯している可能性が高い。例えば、3月11日に放送された『「赤ずきん」裁判』では、佐藤玲演じる赤ずきんが「お腹に大量の石を詰めて、オオカミを殺した罪」に問われた。しかも同放送回では、殺人事件でたびたび焦点になる「被告人の心神喪失による責任能力の有無」がテーマになっていた。

『赤ずきん』は心神喪失だったのか?

 『「赤ずきん」裁判』では冒頭、検察官の吉田羊が起訴状を朗読するところから始まる。

「赤ずきんは、残虐極まりない方法でオオカミを殺害しました。おばあさんの見舞いに向かった赤ずきんは、森で出会ったオオカミに、おばあさんの家の場所を教えてしまいました。先回りしたオオカミはおばあさんに化けて待ち伏せし、後から来た赤ずきんも食べてしまいました。偶然通りかかった猟師が寝ているオオカミのおなかを裂いて2人を救出。その後、赤ずきんは大量の石を拾ってきて、オオカミのおなかに詰めて殺害したのです。赤ずきんの犯した罪は刑法第199条の殺人罪に当ります」

 しかし赤ずきんは罪状認否で罪を認めたものの、犯行当時について「その時のことは覚えていない」と証言。加えて、弁護士の竹中直人が「オオカミに食べられた赤ずきんは精神障害を起こし、心神喪失の状態にありました。すなわちやってはいけないことの判断ができず、自分の行動を制御できなったのです。刑法第39条により、赤ずきんは無罪です」と主張する。

 続く証人尋問では、殺されたオオカミの母親に対し、検察官が「オオカミのお腹に詰められていた大量の石」を示しながら犯行の残虐性を強調。オオカミの母親が赤ずきんににじり寄って「赤ずきんとおばあさんを襲った息子が悪いのはわかっていますよ。でも、こんなにむごい殺し方をしなくてもいいじゃありませんか!お願い!息子を帰して」などと絶叫する場面も差し込まれた。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合