オリラジ藤森慎吾、吉本から女子マネ“円満引き抜き”のウソとYouTubeでの大成功の画像1
YouTubeチャンネル登録者数80万人目前、フリー芸人として順風満帆なオリエンタルラジオ・藤森慎吾(38)。写真右側の女性“とびちゃん”は、吉本時代のマネージャーだが、藤森が入れ込み引き抜いたため、吉本サイドの怒りを買ったとも。(画像は藤森慎吾のYouTubeチャンネルより)

 昨年末で吉本興業を退所し、フリーランスの芸人として活動を続けているオリエンタルラジオ・藤森慎吾(38)。情報バラエティ『王様のブランチ』(TBS系)には引き続きレギュラー出演する一方、現在オンエア中のドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)にも出演中。また、自身のYouTubeチャンネルは登録者数80万人目前という絶好調ぶりが光るため、フリー芸人としては順風満帆な気がするが……。

 吉本興業の内情に詳しいある放送作家はこう語る。

「相方の中田(敦彦)さんが吉本を退所してシンガポールに移住すると決めた際、藤森さんは吉本に残留する予定でしたが、オリラジの20周年記念ライブを2025年に武道館でやることに吉本が難色を示したため、『だったら、辞めさせてもらいます』という流れになったそうです。オリラジとしてはこのままコンビ続行で、20周年に向けていろいろ仕掛けていくみたいですね。

 しかし、フリー芸人として一見順調に見えるかもしれませんが、タレントとしての先行きを考えれば暗いでしょう。ドラマ『恋はDeepに』は吉本興業所属時代にキャスティングされていた仕事で、『王様のブランチ』は人気番組ではありますが東京ローカル。藤森さんのキャリアを考えれば、全国ネットのゴールデンや深夜帯でレギュラーがないのは、芸人としては低迷気味といわざるを得ません。

 彼らはデビュー直後から“武勇伝”ネタが大ヒットし、“秒速で売れたコンビ”としていまだ伝説的な存在。本人たちは『吉本を円満退社した』というつもりでしょうが、彼らがコンビで活動を続ける限り、メディア側としては『吉本興業の手前、キャスティングしづらい』という状況が続くでしょうね」

新人女性マネージャーの“引き抜き”で、吉本サイドの怒りを買った

 藤森のYouTubeチャンネルでは、吉本時代のマネージャーを引き抜き、自身のマネジメント業務をお願いするという模様も配信済み。「事前に吉本には許可を取ったうえで交渉した」と藤森は語っていたが……。

「あれはどう考えても感じが悪い引き抜きですよね(笑)。YouTubeにもよく登場する入社2年目の新人女性マネージャーを引き抜き、社用車としてアルファードをプレゼントするほどの入れ込みっぷりが話題に。実際、この女性マネージャーが藤森のチャンネルに出演すると、すさまじい再生数を稼ぐらしいですが……。

 この業界、タレントとマネージャーが一緒に独立するという話はよくありますが、時間差で古巣から引き抜き、それをYouTubeの企画にするだなんて、吉本首脳陣にケンカを売ってるとしか僕には思えませんね。ピュアで性格がいい藤森さんは『元マネージャーも円満に独立してくれた』と思ってるみたいですが、吉本の首脳陣が怒り心頭なのは間違いありません。

 今後、藤森さんはYouTuberとしての活動がメインとなってくると思いますが、現在の推定年収はYouTubeだけで1億円以上。マネージャーひとりぐらい当然雇えると思いますが、このYouTubeバブルがいつまで続くかは未知数。今回の引き抜き劇は、今後の藤森さんの活動にもネガティブな影響を与えると思いますね……」(前出の放送作家)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合