東京五輪に反対する現代人は「群れ集う」ことに疲弊している?公認心理師に聞く潜在的願望の画像1
「gettyimages」より

 各国のトップアスリートが一堂に集い、スポーツを通して世界に平和を発信する一大イベント。これが、オリンピック・パラリンピックの本来の目的であるはずだった。

 しかし、今夏に予定される東京五輪・パラリンピックに関しては、新型コロナウイルスの世界的蔓延が大きな引き金となって、開催の反対、もしくは延期すべきという声が国内外を問わず高まっている。

 当初、東京五輪・パラリンピックでは、選手も含めた大会関係者が約18万人来日すると見られていた。大会組織委員会の橋本聖子会長は、これを半分以下に減らす方針を打ち出したが、それでも東京という一都心に世界中の人が「集う」ことには変わりがない。

 しかし、私は別の観点から思う。五輪そのものより、五輪開催の是非をめぐる報道や話題ばかりが先行する状況にあって、果たして人々がスポーツの祭典を通した「集い、つながる」ことを本当に求めているのか。開催反対の声は、果たして新型コロナの蔓延だけに起因しているのか。

 何よりも「群れ、つながり合う」ことそのものを、現代人の多くは本当に心から望んでいるのか。もしかしたら、「集う」ことに多くの人が疲弊しているのではないか。そこにあるのは、新型コロナの蔓延をきっかけに表出した、「群れ、つながりたい欲求」から「個を尊重したい欲求」への潜在的願望の変化なのではないのか、と。

 この疑問に対する答えを求めて、20年近くの親交を持つ公認心理師(国家資格)の米倉一哉さんを、同氏が所長を務める「日本催眠心理研究所」(新宿区)に訪ねた。

東京五輪に反対する現代人は「群れ集う」ことに疲弊している?公認心理師に聞く潜在的願望の画像2
「群れる時代から個の時代へ」――ご自身の考えを述べてくれた公認心理師の米倉一哉先生

SNSでのつながりで孤立感が深まる理由

――今やインターネットの普及で身近な知人・友人だけでなく、見知らぬ多くの人たちともつながれるようになりました。しかし、僕個人の感覚から言えば、依然として人々は孤立しているように思えるんです。

米倉一哉さん(以下、米倉) 確かに、群れ、つながることを良しとする時代が続いてきたと思います。今やフェイスブックなどのSNSで、日本だけでなく外国の見知らぬ人たちともつながることができるようになりました。

 ただし、それは形骸化したつながりです。内面を吐露して共感してもらえることもあれば、逆にツイッターなどに自分の意見を書き込んだことで、集団的なバッシングを受けることもあります。本当はありのままを受け入れてもらいたいのに、それも叶わない。さらに、ネットで知り合った人の幸せ感が伝わってきて、それに表面的に合わせなければならない自分に孤立感を覚える人も少なくないでしょう。

 つまり、ネットによって自己開示できる場ができて、いくら「いいね」を押してもらったとしても、そこにあるのは、しょせん表面的なつながりでしかないのだと思います。私はそこに、多くの人々の孤立を感じますし、ネットの普及によって、逆にそれが色濃くなってきたように思えるんです。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合