出前館、燻るウーバーイーツ買収の観測…販管費が売上高を超過し多額赤字、広告費が圧迫の画像1
出前館のサイトより

 ダウンタウンの浜田雅功がスーダラ節に乗せ「出前がすいすいすい~」と歌う、料理宅配の出前館(JQ上場)のCMが話題になって久しい。このCMが昨年7月に放映されて以来、ブランド認知率は右肩上がり。今年3月上旬に認知率は84.4%まで上がった(LINE Research Platform調べ)。CM総合研究所の調査によると、20年度は前年度の20倍を超える好感度を記録し、CM好感度躍進企業ランキングで初めて2位にランクインした。出前館のCMが消費者にいかに浸透したかがうかがえる数字だ。

 業界首位のウーバーイーツ(東京・港区)などとの競争を勝ち抜くため投資を積極化した。CM効果で4月時点の加盟店舗数は7万店を突破。昨年8月末時点の2倍となった。加盟店数は大幅にアップしたが、それに見合うリターンを生み出すことができない厳しい現実に直面している。

 出前館の20年9月~21年2月期の連結売上高は前年同期比2.7倍の104億円に膨らんだ。加盟店舗数・ユーザー数の拡大によるオーダー数の増加によりサービス利用料収入が増加し、シェアリングデリバリー配達件数増に伴う配達代行手数料収入も大きく伸びた。シャアリングデリバリーとは、配達機能を持たない飲食店が出前館のデリバリーを手数料を払って利用することを指す。1年以内に1回以上サービスを利用したアクティブユーザー数は582万人と8割増えた。

 半面、営業損益は83億円の赤字(前年同期は9億円の赤字)、最終損益は96億円の赤字(同9億円の赤字)。配達業務の委託費などの売上原価や、新規ユーザー獲得に向けた広告宣伝費、人件費などが共に約4倍に急増した。広告宣伝費の実額は62億円、人件費は43億円であった。配達員などの人件費以上に広告宣伝費をつぎ込んだことがわかる。

 売上高販管費率は19年8月期は63.5%だったが、20年8月期は96.1%に上昇。20年9月~21年2月期には130.4%と売り上げを大きく上回った。これが赤字が積み上がった原因だ。

 20年2月末時点の現預金はおよそ13億円。20年3月、LINEとその親会社韓国ネイバーからの出資を受けて300億円を調達。広告宣伝費やシステム投資に充当した。

 今期(21年8月期)と来期(22年8月期)は高コスト状態が続く。21年8月期通期の連結決算の見通しは、売上高が前期比2.7倍の280億円、最終損益は130億円の赤字(前の期は41億円の赤字)。23年8月期の売上高の予測は20年8月期実績の9.4倍の970億円、120億円の営業黒字を目指す。そのためにも広告・宣伝効果を高め、シェアを拡大することが絶対に必要となる。

 同業他社との競合は激しさを増す。ウーバーイーツの加盟店数は出前館が目標とする10万店をすでに超えた。18年設立で業界3位のmenu(メニュー、東京・新宿区)は5万3000店に達し、KDDI(au)がmenuに資本参加し50億円を投下する。独料理宅配大手デリバリー・ヒーロー(DH)傘下の宅配アプリ、フードパンダは昨年秋、日本に新規参入。デリバリー・ヒーロー・ジャパン(東京・港区)が加盟店の募集を始めている。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合