東京五輪、表彰式の音楽が破格の壮大さ…大河『青天を衝け』の作曲家が作曲、ロス五輪に匹敵の画像1
「Getty Images」より

 東京2020オリンピック競技大会が、もう3週間後に迫ってきました。世界中で勝ち抜いてきたトップアスリートたちの4年に一度(今回は5年ぶり)の挑戦や闘いを見ることができるのも楽しみですが、音楽家の僕としては、やはり表彰式で流れる音楽がどうなのかも、とても興味深いところです。

 一つひとつの競技で演奏される表彰式の音楽。今回のオリンピックでは339回、パラリンピックでは539回の計878回、演奏されるそうです。その競技数だけでも驚きですが、演奏家が一つでも音を外してしまったら、日本国内だけでなく世界中に生中継で流れてしまうことになります。海外の視聴者にとって、自国選手が金メダルを獲った時に、例えばトランペットが音を外してしまったら最悪でしょう。想像するだけで、背筋が凍るような気分になります。

 とはいえ、今の日本人の演奏レベルは高いので、まずは大丈夫でしょう。一方、作曲家が大変なことは確実です。もし大会の最初から音楽の評判が悪かったとしても、増していく悪評とともに、世界中で聴き続けられてしまうこととなります。

 そんな大変なオリンピックの表彰式の音楽、タイトル「Tokyo 2020 Victory Ceremony」を担当したのは、作曲家の佐藤直紀さんです。最初に結論を言いますと、素晴らしい音楽です。

 佐藤さんは映画『ALWAYS 三丁目の夕日』(東宝)で、第29回日本アカデミー賞・最優秀音楽賞を受賞し、ドラマ『コード・ブルー』(フジテレビ系)の音楽も手がけた、売れっ子中の売れっ子の作曲家です。佐藤さんの名前を知らなくても、誰もが彼の音楽を一度は聴いたことがあると思います。

「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一の人生を描いた、現在放送中の大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)のテーマ音楽も担当していらっしゃいます。若き渋沢栄一が大志を持って進んでいるかのような堂々とした音楽から始まり、金管楽器が中心となって華々しくも高い演奏技術を求められる場所が出現し、その後、現代の人々の心に寄り添うような、心を癒し、励ます音楽が続いていく、聴き応えのある音楽です。特筆すべきは金管楽器の部分で、まるで1984年ロサンゼルス・オリンピックの表彰式の音楽を彷彿とさせます。

アメリカ映画音楽の大巨匠を彷彿とさせる佐藤直紀さんの音楽

 ちなみに、ロサンゼルス・オリンピック表彰式の作曲家は、アメリカ映画音楽の大巨匠、ジョン・ウィリアムズでした。映画『ジョーズ』(ユニバーサル・ピクチャーズ)や『スター・ウォーズ』(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ)などの音楽を手掛けた彼がつくった曲は、これまでのオリンピック音楽とはまったく違うものでした。当時の僕はこれを聴いたとき、度肝を抜かれただけでなく「今後、これ以上のオリンピック・ファンファーレがつくられるのか?」と思わされるくらい凄いインパクトを受けました。実際に、これらの音楽はグラミー賞を受賞し、その後もオーケストラや吹奏楽団にて盛んに演奏されています。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合