NEW

山口FG、会長解任クーデターの舞台裏…背後にアイフルと共同での“新銀行設立”構想

文=編集部
山口FG、会長解任クーデターの舞台裏…背後にアイフルと共同での“新銀行設立”構想の画像1
山口銀行本店(「Wikipedia」より)

 山口フィナンシャルグループ(FG、下関市)で、代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)だった吉村猛氏(61)を解任するクーデターが起きた。山口FGは山口銀行(山口県下関市)、北九州銀行(北九州市)、もみじ銀行(広島市)を傘下に置く地方銀行グループ。連結資産規模は約12兆円を誇り、全国有数の規模だ。

 6月25日午前、定時株主総会を山口銀行本店で開催した。関東財務局に提出した報告書によると、株主総会で吉村氏は99.23%と圧倒的な支持を集め、取締役に再任された。ところが午後6時15分、吉村氏をヒラ取締役に降格する「代表取締役の異動」を公表した。経営トップから引きずり下ろす電撃的なクーデターである。解任までの経緯を時系列で追う。

 株主総会後、山口FG本社で臨時取締役会を開き、オンラインを含めて全10人の取締役が出席した。議長は吉村氏。最初の議案として吉村氏自身の会長兼CEO選任と椋梨敬介氏(51)の社長兼最高執行責任者(COO)の選任を一括して提案した。株主総会後の臨時取締役会として通常の手続きである。すると、社外取締役の1人が「議案を2つに分けて審議しよう」と急遽、提案し、吉村氏の選任案が先に審議された。

 議長の吉村氏が「賛成の方は挙手を」と呼び掛けた。しかし、取締役10人のうち、手を挙げたのは吉村氏だけだった。自らの続投を疑わなかった吉村氏は「納得できない」として、「(否決の)理由を1人ずつ言ってほしい」と求めた。沈黙を破って1人の取締役が意見を述べると、他の取締役もそれぞれ反対の理由を話した。多くが事業推進に関して吉村氏の独断専行を批判した。決定は覆らず、吉村氏は会長兼CEOを解任され、ヒラ取締役に降格となった。

 続いて審議された椋梨氏の選任案は賛成多数で承認され、その後の決議で椋梨氏がCEOを務めることになった。総会で承認された取締役が、直後の取締役会で役職変更になるのは極めて異例なことだ。ことに金融機関では、ほとんど例がないとされる。

 6月25日夕刻、吉村氏の後継CEOとなった椋梨社長が会見し、「社内合意のないまま新規事案を進めるなか、妥当性について(吉村氏の考えと)異なる意見が出た」と述べた。そして、「クーデターではない」「取締役がそれぞれ独立して判断した」と強調した。だが、吉村氏が解任された本当の理由には触れなかった。

 吉村氏は東京大学経済学部を卒業、1983年4月、山口銀行に入行。経営中枢の企画畑を歩き、2009年6月、山口FG取締役兼山口銀行取締役に昇格。16年6月、山口FG社長兼山口銀行頭取に就任した。20年6月、山口FG代表取締役会長グループCEOに就いていた。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合