NEW
篠崎靖男「世界を渡り歩いた指揮者の目」

なぜオーケストラは鉛筆を重宝?巨匠カラヤンとバーンスタイン、確執の元は楽譜の書き込み?

文=篠崎靖男/指揮者
【この記事のキーワード】

, , ,

なぜオーケストラは鉛筆を重宝?巨匠カラヤンとバーンスタイン、確執の元は楽譜の書き込み?の画像1
「Getty Images」より

 ロシアがまだソビエト連邦だった頃、宇宙ロケット開発分野では、超経済大国アメリカ合衆国としのぎを削っていました。ソビエトが世界で初めて有人飛行を果たし、アメリカは負けじと”アポロ計画”によって人類を月面歩行させるに至りました。

 その後、ソビエトは解体され、アメリカとの冷戦も終結。宇宙ステーションをロシアとアメリカが共同開発して、両国の宇宙飛行士が宇宙上で共同生活を始めました。そこへアメリカが持ち込んだ筆記具は、NASA(米航空宇宙局)が開発したボールペンでした。無重力の宇宙空間では、ボールペンのインクが、ペン先の球にうまく落ちていかないということで、1億円かけて開発した特別製です。そんな超高額ボールペンで研究データを書き込んでいたアメリカ人宇宙飛行士を横目に見ながらロシア人飛行士は、普通の鉛筆ですらすらと書いていました。

 これは有名なジョークの類ですが、鉛筆の原型は古代にまでさかのぼり、黒鉛を使った鉛筆は16世紀には使用されていたそうで、日本でも徳川家康がヨーロッパ製の鉛筆を使っていたといわれています。鉛筆は、かなり古くから現在まで愛用されてきた便利な筆記用具であることは確かです。

 今もなお、小、中、高校生は鉛筆やシャープペンシルを使用しています。「シャープペンシルはダメ。鉛筆を使うように」との指導を行っている学校も多いそうで、それはそれで驚きますが、大学生や社会人になれば、急に鉛筆を使うことが少なくなります。もちろん、現在ではコンピュータで文字を打ち込むことも多いので、直接文字を書く機会は少なくなっていますが、書くとなればペンを使用することがほとんどでしょう。

 なぜ一般社会ではあまり鉛筆が使われないかといえば、その短所、簡単に消してしまえることも大きな理由のひとつでしょう。たとえば、ビジネスの契約書の署名を鉛筆で書いたとしたら、誰かに消しゴムで消されて悪用されてしまう可能性もありますし、手書きの帳簿や領収書も同じことです。そのため、一般社会では、消すことができないインクを使ったボールペン等で書かなければならないケースが多くなります。

オーケストラでは鉛筆を重宝

 しかしながら、鉛筆で書いた文字を簡単に消すことができる点は、長所でもあります。オーケストラの楽員も社会人ではありますが、今もなお、鉛筆を使用しています。しかも、字が細く書けるシャープペンシルではなく、Bか2Bのような、濃く、太く、書きやすい普通の鉛筆です。特に人気があるのは、消しゴム付き鉛筆です。身近に音楽家の友人がいる方は、ぜひ消しゴム付きの高級鉛筆をプレゼントすれば、大喜びされることでしょう。

 そんな鉛筆が大活躍するのはリハーサル時のことで、もちろんコンサート時には片付けられています。リハーサル初日から本番直前の総げい古(通称:ゲネプロ)まで、一つひとつの譜面台に、きれいに削られた消しゴム付き鉛筆が並べられており、楽員はベートーヴェンチャイコフスキーを演奏しながら、指揮者が指示を出したり、コンサートマスターが弓遣いを変えたりするたびに、その鉛筆を手に取って楽譜に指示を書き込んでいきます。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合