NEW
江川紹子の「事件ウオッチ」第186回

【江川紹子の菅首相総括】父権主義的で対話軽視、根拠なき楽観論であっけなく崩壊した虚像

文=江川紹子/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

【江川紹子の菅首相総括】父権主義的で対話軽視、根拠なき楽観論であっけなく崩壊した虚像の画像1
昨年9月、自民党総裁に就任した直後の菅首相。これからわずか1年あまりの政権運営となった(写真:Getty Images)

 重点政策を選択する目の付けどころはよく、政策を推し進める力に優れていたが、パターナルな政治姿勢で説明や対話を嫌い、国民とのコミュニケーションを軽んじ、「最悪の事態」を想定しない根拠なき楽観論が目立った――自民党総裁選に立候補せず、今月末で政権の座から降りることが決まった菅義偉首相について、私なりの評価をまとめるとこうなる。

学術会議任命拒否、五輪開催で顕になった「説明しない」姿勢

 その推進力に加え、菅首相自身が長く前政権の中枢にいて、その閣僚や課題を引き継いだこともあり、1年という短期のわりにさまざまな結果を残したのは事実だ。

 たとえば、「環境=グリーン」を成長戦略の柱に位置づけ、「2050年カーボンニュートラル」を宣言。温室効果ガス排出量を、2030年には2013年比で46%削減する目標を打ち立てた。コロナ対策では、ワクチン接種に力を入れ、専任大臣を置き、省庁の枠を超えて加速化を促した。その結果、第5波で感染者が激増し、医療逼迫による犠牲者は出ているものの、圧倒的にリスクが高い高齢者の死亡は少なく押さえ込めている。さらに、この国のデジタル化の遅れに対応するため、とにもかくにも短期間でデジタル庁発足までこぎ着けた。

 また、後期高齢者の医療費負担を1割から2割に引き上げたり、東京電力福島第一原発でたまり続ける「処理水」の海洋放出など、不人気な施策も先送りせずに決断した。看板政策のひとつだった携帯電話料金の引き下げも実現した。

 一方で、肝心なことで説明や対話をせず、他の選択肢や批判は否定したり見下したりし、権力を首相官邸に集中させて、「この道しかない」とズンズンと推し進めていく手法も、菅首相は前任者から引き継いだ。「よかれ」と思ったことは、問答無用で人々に結論を押しつける、パターナルな政治だ。そのうえコロナ対策では、最悪の事態を想定せず、専門知より自身の直感に頼る楽観論が目立った。

「説明しない」姿勢は、首相に就任してまもない時期に、日本学術会議の会員候補6人の任命を拒否した問題で鮮明になった。菅首相は、同会議が提出した105人の推薦名簿を見ておらず、任命拒否した6人のうち5人については、名前すらも「承知していなかった」という。にもかかわらず、任命を拒否したのはなぜなのか、その理由を国会で何度問われても、拒否された当事者からの求めがあっても、一切説明しなかった。

 オリンピックの開催を巡っても同様の対応だった。多くの国民が新型コロナウイルスの感染拡大の中での開催に懸念を示したり反対したりするなかでも、「安心安全」「安全安心」と唱えるばかり。国会や記者会見で開催の判断基準などを繰り返し問われても、ついぞ答えようとしなかった。

 コロナ対策では、ワクチンさえ行き渡ればすべてが解決する、といわんばかりの姿勢が目についた。

 残念ながら、新型コロナ感染症はそれほどシンプルな現象ではない。政府には、感染症に関する最新の知見はもちろん、経済や教育、文化などさまざまな分野の専門知を取り入れながら、柔軟な対応が求められる。当然、対話や議論が重要だ。

 さらにコロナ禍は、日本で暮らす人すべての健康や命に関わる問題であり、状況を改善するにも人々の協力が不可欠だ。政府にとっては、問題解決の当事者でもある人々とのコミュニケーションは、とりわけ重要といえよう。

 そうした「コロナの時代」には、十分な説明や対話や議論をせず、「この道しかない」式の安倍晋三・菅流パターナリズム政治では十分に対応できない、ということではないか。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合