NEW

セガ、なぜ名越稔洋氏ら旧経営陣は退所したのか?「龍が如く」製作体制刷新の裏側

文・構成=編集部
【この記事のキーワード】, ,
セガ、なぜ名越稔洋氏ら旧経営陣は退所したのか?「龍が如く」製作体制刷新の裏側の画像1
セガ「龍が如くスタジオ」公式サイトより

 大手ゲームメーカーのセガは8日、公式サイト上で人気アクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズを制作している「龍が如くスタジオ」の新体制への移行を発表。シリーズ続編『龍が如く8(仮称)』を開発中であることを明らかにした。

 また、これまで同スタジオトップだった名越稔洋氏の退社もあわせて公表した。名越氏は昨年、eスポーツプロ大会での失言などが取りざたされたこともあり、インターネット上では今回のセガの人事に注目が集まっている。

 発表によると、“創立10周年の節目”として、同スタジオ代表・製作総指揮に前チーフプロデューサーの横山昌義氏が就任したことを報告。チーフプロデューサー阪本寛之氏、チーフディレクター堀井亮佑氏、アートディレクター三嶽信明氏らその脇を固めるくことになったのだという。

 退社する名越氏は以下のように退社を報告するとともに、ユーザーに対して感謝の言葉を述べている。

「この度、セガを退社するにあたり龍が如くスタジオトップとしてのポジションも同時に退くことになりました。

 長きに渡ってタイトルを応援して下さったユーザーの皆様、そしてご協力いただいた皆様には大変お世話になりました。謹んで、そして深く感謝申し上げます。

 私自身ここまで続けてこれたのは、たくさんの方からの学びを得ながら挑戦を繰り返す姿勢を貫き、また同時にその想いを支えてくれたスタッフのおかげに他なりません。

 そして今日から新生・龍が如くスタジオが誕生します。つまりタイトルは今後も継続されていきます。

 そこで果たしてどんなタイトルが生まれるのかは私もわかりません。しかし新しい世代が予てから積み上げてきたものをより一層高めながら、素晴らしいタイトルを世に送り出してくれると信じています。その実現のためには彼らもまた、これからも学びと挑戦を繰り返しながら成長するしかありません。引き続き、皆様からご指導ご鞭撻を頂ければ幸いです。

 最後になりますが、万感の思いを込めて申し上げます。今まで本当に有難うございました。すべての新たな始まりにご期待ください!」(原文ママ)

 一方、同スタジオのトップになった横山氏は「龍が如くスタジオが発足するまでの間、経験が少なかった開発チームにとって『龍が如く』とは名越稔洋とイコールに近い存在でした。でも私はそこに頼り切るのが嫌で、変化を求め非力ながらも必死に張り合い続けました。十年という時が経ち、抵抗から共闘へと意識は変わり、今、偉大なクリエイターからこのスタジオを受け継ぎます」と語っている。

RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合