NEW

利益1千億円を視野に…経営統合したマツキヨ&ココカラが凄いことになっていた

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
利益1千億円を視野に…経営統合したマツキヨ&ココカラが凄いことになっていたの画像1
マツモトキヨシの店舗

 2021年のドラッグストア業界の最大の出来事は、マツモトキヨシホールディングスとココカラファインの経営統合だ。10月1日付で、マツキヨココカラ&カンパニー(マツキヨココ)が始動した。新会社の会長はマツキヨの松本南海雄会長、社長にマツキヨの松本清雄社長、副社長にココカラの塚本厚志社長が就いた。

 マツキヨココの22年3月期の連結決算の売上高は7440億円、営業利益は382億円、純利益は352億円の見通し(ココカラの21年4~9月期の実績は反映していない)。未定としていた年間配当は70円とした。

 純利益は統合前の両社の単純合算した数値比で4割増となる。統合による販管費の抑制のほか、ココカラ株の取得に伴う特別利益105億円が寄与する。24年3月期を最終年度とする3年間の中期経営計画で、営業利益の300億円の上積みを目指す。マツキヨが得意とする都市部中心の出店戦略を維持。マツキヨの強みであるPB商品をテコにココカラの店舗の稼ぐ力を高める。

 マツキヨココの株価は大幅高となった。新会社が発足した10月1日の始値は4940円だったが、10月15日には5820円を付け、17.8%上昇した。株式市場では「中計の目標数字が堅実で統合による効果への期待が高まった」としている。

新会社は業界4位

 マツキヨココの誕生により、22年の売上ランキングはこう変わる。ウエルシアホールディングスが業界初の売上高1兆円の大台に乗せる。

【ドラッグストア売上高ランキング(22年期見込み)】

順位(前年順位)  社名      売上高       決算期     本部

1.  (1)          ウエルシアHD    1兆210億円(7.5%)  22年2月  東京

2.  (2)          ツルハHD           9560億円(4.0%)  22年5月  北海道

3.  (3)          コスモス薬品   7500億円(3.3%)  22年5月  福岡

4.  (-)   マツキヨココ     7440億円(-)  22年3月   東京

5.  (4)          サンドラッグ   6566億円(3.5%) 22年3月  東京

6.  (5)          スギHD            6503億円(7.9%)  22年2月  愛知

※HDはホールディングスの略。( )内は前期比増減率。

 マツキヨココは10月7日、統合後初となるPB「RECiPEO(レシピオ)」を発表した。敏感肌用化粧水など全6アイテムを11月11日からグループの店舗とオンラインサイトで売り出す。マツキヨココと化粧品メーカー、コーセーが共同開発した。

 ビューティー&ヘルス領域での売上高構成比は旧マツキヨが4割、旧ココカラが3割と高い比率を占めてきた。先行しているPB商品の強化で競争が激化しているドラッグストア業界を生き抜く。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合