NEW

ローソン・ファン感激、絶品クオリティな食品5選…ビビンパ丼、ミートソースドリア

文・取材=A4studio
ローソン
ローソン

 国内外合わせて1万9161店舗(10月末時点)を擁し、セブン-イレブンやファミリーマートと並ぶコンビニエンスストア大手のローソン。10月7日にローソンが発表した2022年2月期 第2四半期(2021年3月1日~8月31日)の純利益は174億500万円、前年同期比526.2%となっている。

 そんなローソンは、「マチの“ほっと”ステーション」のスローガンのもと、今季も魅力的かつ気になる商品を展開中。本記事では数あるラインナップのなかから、今季注目の“買うべきローソン商品”を5つ厳選したので、ぜひ参考にしていただきたい。

1食分の野菜が摂れる! 旨辛ビビンパ丼/498円(税込、以下同)

ローソン・ファン感激、絶品クオリティな食品5選…ビビンパ丼、ミートソースドリアの画像1

1食分の野菜が摂れる! 旨辛ビビンパ丼」は、その商品名の通り1回当たりの食事に必要な野菜を摂取できるため、忙しくて野菜不足になりがちなビジネスパーソンにおすすめ。メインとなる野菜の旨味が存分に感じられる、食べ応えのある一品となっている。

 まず注目すべきポイントは、調理野菜の量だろう。その種類は豊富で、キムチ、ナムル、ごま和え、茹でほうれん草が丼ぶりいっぱいに敷き詰められている。また、米はもち麦入りのため、食物繊維も豊富に摂ることができるのもうれしい。

 今回は、そんな野菜の中央にのっかった卵黄ソースを崩し、丼全体を満遍なく混ぜ合わせていくスタイルで食べてみた。一口ほおばってみると、コチュジャンの甘辛な味わいに病みつきになり、どんどん箸が進む。調理野菜、お米、たれの相性もよく、丼全体のバランスとしては見事に調和がとれている印象。美味しさでも栄養面でも満足できる一杯だ。

スパイシーレッド肉まん/230円

ローソン・ファン感激、絶品クオリティな食品5選…ビビンパ丼、ミートソースドリアの画像2

 コンビニの中華まんは、高いクオリティとバラエティ豊かなラインナップで注目を集めているが、ローソンの「スパイシーレッド肉まん」はそのなかでも異彩を放っている商品だろう。こちら、肉量、重量は同社が販売する「ジューシー肉まん」の約1.5倍もあるとのことでボリューム満点。真っ黒な見た目もインパクト大だ。

 2つに割って中を見てみると、見るからに辛そうな赤々とした餡が詰められていた。チリペッパーとレッドペッパーで辛さが加えられた旨辛肉は、香辛料特有の鼻を刺激する香りと豚ミンチ肉の匂いがマッチしており、食欲をそそられる。ゴロゴロと入った豚の脂身も、肉好きにはたまらない。

 実食してみると、まず豚肉の旨味が口いっぱいに広がった後、チリペッパーとレッドペッパーの強烈な辛味がピリリと効いてくる。思ったよりも辛さが強くて驚いたが、次第に辛さと旨味が味の相乗効果をもたらしてくれ、あっという間に完食してしまった。一般的なコンビニの中華まんと比較するとやや値が張る印象だが、ボリュームや味のクオリティに対しては納得の価格に思える。辛い物好きの方にとっては試してみる価値アリだろう。