NEW

楽天モバイル、iPhoneで「着信できない」重大障害が続出…情報を公表せず

文=編集部、協力=山口健太/ITジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
楽天モバイル、iPhoneで「着信できない」重大障害が続出…情報を公表せずの画像1
楽天の三木谷浩史社長(撮影=編集部)

 楽天モバイルが4月にアップルの「iPhone」の取り扱いを始めてから約8カ月が経過したが、同社回線契約者でiPhoneを使用している人々から「着信ができない」という報告がTwitter上で相次いでいる。

<楽天モバイルでiPhone使ってるけど着信出来ない問題がしょっちゅう起こる>(原文ママ、以下同)

<楽天Link使おうとしたら同じく着信来なくなって留守電になってしまって、色々やっても直らなくて、使うの諦めました>

<楽天モバイルのiPhoneで着信できない問題。試しにやってみたら本当だった>

<2週間以上前に楽天モバイルにこの事象について連絡したけど、記事にあった定型文(これこれを試してみて っていうやつ)だけ送られてきた>

<iphoneを再起動すれば直ることがわかったけど、着信できなくなったタイミングがわからないから、頻繁に再起動しないといけなくて、すごいストレス>

<手持ちの5回線で検証するとかなりの高確率で再現する>

<楽天モバイルでiPhoneの着信が出来ない。の記事を読んで、自分のiPhone12で試してみたら繋がらない>

 現時点(12月17日10時)で楽天モバイルは、本事象を公表していないが、大手通信会社関係者はいう。

「ユーザの携帯電話でかかってきた電話を着信できないというのは致命的な重大障害だが、その情報を公表していないというのはキャリアの対応としてはあり得ない。携帯電話事業者としてのサービス継続に関わる問題で、総務省がなんらかの対応を取る可能性も考えられる。もし仮に楽天モバイルが総務省に報告をあげていないのだとすれば、総務省が態度を硬化させかねず、厳しい処分も想定されてくる」

他にも基本的な課題も

 なぜ、このような障害が起きているのか。ITジャーナリストの山口健太氏は次のように解説する。

「楽天モバイルの音声通話では、独自のコミュニケーションアプリ『Rakuten Link』を用いた国内通話のかけ放題が特徴です。電話を着信する際にはこのRakuten Linkアプリが応答するのですが、2021年7月からiPhone標準の電話アプリに着信するよう仕様が変わりました。楽天モバイルによれば、この変更後に音声がつながりにくいとの問い合わせが来ているとのことから、なんらかの関係があるとみられます。

 原因として考えられる現象の1つに、“着信に時間がかかる”ケースがあります。筆者が独自に検証したところ、端末とRakuten Linkアプリの状態によっては、電話をかけてiPhoneに着信するまで最大15秒ほど無音で待たされる場合がありました。電話をかける側は、これほど無音状態が続けば『つながらない』とあきらめてしまうでしょう。

 当面は楽天モバイルでiPhoneを使用することを控えたほうがよいのか。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合