NEW

世界EV市場で存在感高まる富士電機とは何者なのか?パワー半導体で世界をリード

文=真壁昭夫/法政大学大学院教授
【この記事のキーワード】, ,
富士電機
「富士電機 HP」より

 世界的なパワー半導体の需要拡大もあり、富士電機に対する期待が高まっている。パワー半導体とは、電気の供給や制御をコントロールするために用いられる電子部品だ。世界全体での脱炭素の加速を背景に、同社の自動車向けパワー半導体需要が拡大している。それに加えて、ファクトリーオートメーション(FA)関連の分野でも同社の収益は増加基調だ。

 今後、世界的なEVシフトの加速によって自動車に搭載される半導体が増え、パワー半導体分野で富士電機のビジネスチャンスは増えるだろう。同社経営陣はそうした展開を念頭に置いて車載半導体の供給拠点として重要性が高まるマレーシア工場の生産能力を強化する。それは同社の成長に欠かせない取り組みの一つだ。

 ただ、富士電機全体の事業運営を見ていると、本来の強みが最大限に発揮しきれていないように見える。根本的な要因は、重電メーカーとしての経営風土だろう。今後、同社がパワー半導体事業など世界的に競争力を発揮できる分野に選択と集中を進めることができれば、同社の成長期待は一段と高まる可能性がある。そのためには経営陣が過去の事業運営の体験や発想に固執することなくダイナミックに先端分野に経営資源を再配分することが必要だ。

富士電機のドル箱業務のパワー半導体事業

 富士電機は、電力の変換と制御(パワーエレクトロニクス)に関する技術を磨くことによって、主には重電や産業機器分野で成長し、半導体分野に経営資源を再配分してきた。その結果、現在の富士電機にとってパワー半導体は成長期待の高い稼ぎ頭の事業だ。

 それは各事業部門の収益の推移を確認するとよくわかる。富士電機の事業ポートフォリオは、パワエレ(インフラや変電装置などを手掛けるエネルギー部門と、FAシステムや鉄道車両関連製品を担当するインダストリー部門の2つが構成する)、半導体(パワー半導体など)、発電プラント(再生可能エネルギーなどを用いた発電システムの運営など)、食品流通(自動販売機など)の4分野から構成される。

 2019年3月期の第1四半期から2022年3月上期まで四半期ごとの事業部門別の売上高営業利益率の平均値を計算すると、半導体事業の利益率が最も高い。また、2019年3月期末と、2021年3月期末の営業利益額を比較すると、パワエレインダストリーと半導体以外の事業は営業利益が減少している。

 以上より、富士電機にとってパワー半導体事業は収益獲得の効率性が最も高い事業であることがわかる。特に、電力損失の低減と小型化に必要な車載用のRC-IGBTチップ供給において、富士電機は世界的な競争力を発揮している。それに次いでパワエレインダストリーが業績の拡大を支えている。言い換えれば、富士電機の業績拡大期待は高まってはいるが、重電分野が収益獲得に十分に寄与しているとはいいづらい。この点をどう改善するかが課題だ。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合