NEW

西武グループ、解体的再建へ…主力事業プリンスホテルが多額赤字、ファンドに売却

文=Business Journal編集部
西武グループ、解体的再建へ…主力事業プリンスホテルが多額赤字、ファンドに売却の画像1
ザ・プリンスパークタワー東京(「Wikipedia」より)

 西武ホールディングス(HD)がコロナ後を見据え資産売却を進めている。プリンスホテルやレジャー施設など国内の31施設をシンガポール政府系投資ファンドのGICに売却する。売却額は1500億円規模となる見通しで、800億円の売却益を見込む。資産の譲渡は22年9月に完了する予定だ。

 GICに売り渡すのは、ザ・プリンスパークタワー東京(東京・港区)や札幌プリンスホテル(札幌市)、グランドプリンスホテル広島(広島市)のホテルのほか、新潟県湯沢町の苗場プリンスホテルと苗場スキー場、岩手県雫石町、群馬県の万座温泉、長野県の志賀高原にあるホテルとスキー場だ。当初は全体で40件程度の売却を検討していたが、一部は保有することに方針を変更した。売却後もホテルの運営は続ける。不動産の保有と運営を分離することでコストを抑制し、収益力を高める。

 西武HDは子会社のプリンスホテルが49のホテルを展開し、このうち41ホテルを保有・運営している。資産効率を高めるため、22年9月をめどに運営と資産の保有を分ける。運営は新会社の西武・プリンスホテルズワールドワイド(東京・豊島区)が担い、プリンスホテルのブランドでサービスの提供を続ける。

 西武HDが21年5月に発表した21~23年度の中期経営計画で、ホテルなどを売却する方針を示した。21年内に完了させる計画だったが、売却物件の選定と公表がずれ込んだ。「物件数、確認事項が多く、想定よりリストアップに時間がかかった」と説明した。西武HDは新型コロナウイルスの影響を最も受けた私鉄の一つだ。21年3月期の連結最終損益は723億円の赤字(前期は46億円の黒字)。私鉄15社のなかで最大の赤字を計上した。

 他の大手私鉄は22年3月期の業績予想で最終損益が黒字転換するとの見通しを示しているが、西武HDの22年3月期の最終損益は140億円の赤字の見込み。赤字幅は従来予想より90億円膨らみ、2期連続の赤字となるとしてきた。売上高にあたる営業収益は前期比21%増の4070億円にとどまる見通しで、従来予想から490億円引き下げた。相次ぐ緊急事態宣言で鉄道やホテルの回復が遅れている。

ホテル・レジャー事業が売上高の4割

 西武HDはレジャー施設やホテルへの依存度が高い。コロナの影響のなかった19年3月期を見るとホテル・レジャー事業が売上高の4割を占め、鉄道などの運輸事業よりも大きかった。コロナ禍で訪日外国人や国内の旅客の宿泊需要が消失したのが痛手となった。

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合